「起業ごっこ」になってしまうポイント

メルマガ・バックナンバー
Preschooler child playing with colorful toy blocks. Kids play with educational wooden toys at kindergarten or day care. Preschool children build tower with wood block. Toddler kid in nursery.

琉海です。

むかしむかしのことなのですが、今の「楽天ブログ」で気の合った友人たちといっしょに、ネットでプチ有名なひとを招致して、講演をしてもらう、っていう活動を大阪で、していました。

セミナー参加費が3000円とかなので、20名集めても6万円の売上げ。

東京に住んでいる講師に往復交通費を渡すと、会場費が出るかどうかのギリギリライン。

いつも、公共の会議室でした。
※安いので

結局、何回続いたのか、すっかり覚えていないのですが、セミナー集客が苦痛になってしまって、会は、自然消滅しました。

今、思えば。

参加者のメールアドレスを取得しておいて、きちんと定期的に連絡をしておくことや、過去参加者に電話で営業するなど、やればよかったんですが、そこまでアタマがまわらなかったのです。

まだまだビジネス感覚が育ってなかったことと、ボランティアでやっていることだったので、甘えが出たのでしょう。

何か、世のため、ひとのためになることをしている!と思っていましたが、まるで、ビジネスになっていませんでした。

まさしく「起業ごっこ」

イタイですよね(^^;

※そういう時期もあった、というカミングアウトですよ!
イヤン(*ノ∇)ゝ

きっと、通過儀礼なんです。きっと!!

起業ごっこと、本気のビジネスって、何が違うんだろう?

企業って、利益を追求する団体のことをいうんですよね。

つまり、起業ごっこの段階では

「粗利」を気にしていなかったこと、
組織化していなかったこと
マニュアル化して、誰でもできる状態にまで、仕事内容を落とし込めていないこと、
担当者と納期が決まっていなかったこと・・・

いろいろと、ポイントはあると思うのですが、

自分のビジネスの【肝】について、無頓着

っていうのが、一番のポイントだと思うのですね。

【肝】っていうのは、どこの数値が一番、粗利にインパクトを与える部分なのか?を、知っているかどうか、ってことです。

たとえば、今、テッパンの稼ぎ方は、「セミナー主催して、セミナーの最後にバックエンド講座20~30万を直接売る」っていうスタイルなんですが、

※セミナーセールスとか、セミナー営業とか呼ばれます。ひとり事業なら、これで十分まわります

このスタイルの【肝】は、セミナー主催する前、「見込み客リストを集める」ところにあるわけです。

他人があなたのセミナーを紹介してくれるのをいつまでも頼ってはいられませんし、何より、あなたのセミナーにリピートで参加してくれるのは、ごく少数なので、常に新規を対象としないと、うまくまわらないからです。

たとえば、これまでの経験で、メルマガオプトインからの、バックエンド(高額商品)購入が1%くらいだとわかっていれば、メルマガオプトイン数を増やせば、その後は同じことをしていても、購入数が増えて、売上げがあがる。

たとえば、ある期間に、新規100リストがブログから取得できていたとして、その中から、セミナーにきてもらったら、1%が成約するのだとしたら、

期間中に200リストが取得できていれば、売上げとしては2倍になるわけじゃないですか。

どっちかというと、セミナー集客数を増やしたほうが、見込み客がセールスに接する機会が増えるので、
facebook広告などで集客して、わりと安価な入門編セミナーをやって、バックエンド販売するほうが、いいかな。

※今はまだ、これで通用します

起業ごっこと、本気のビジネスの違いは、【数値】へのこだわりだな、と思う次第です。

講師業を想定されている方、講座ビジネスを考えている方には、今、一番!有効な方法なので、ぜひ、お役立てくださいませ。

追伸>

講師を招致するかたちでのセミナー開催は、利益率が低いのでやめてください。

しかも、セミナーやるだけ、とか、なんのためにセミナーをやっているのだか・・・

会場とって、集客も事務局も全部やるのであれば、フロントのセミナーで講師の交通費と会場費をペイさせて、セミナー後のバックエンド販売で、50%くらい紹介手数料をもらえるのならアリです。
他人のコンテンツで稼ぐ!ビジネスモデルになるので。

ちなみに、これって、リアルアフィリエイトっていうんですよ。

知ってました?

追伸 2>

ほほぉ~。子どものほうが、先に、大事なところにたどり着いているんだなぁ。

以下、引用(もちろん、このメールと関連あるよ!)

 「じつはさー。
 なんかさ、いろいろ迷ったんだけど結局、
 『タダだからまあいっか!』ってやってみたことで、
 ものすごく虚しい思いをした、ってことがあってね。
 そのことが頭から離れないんだよね。」

こぐまっこ

「えー!だめじゃん!それ、損してるじゃん!!」

▼続きはこちら
http://ameblo.jp/koguma-kawanishi/entry-12047800761.html

手をかけるもの、時間のかかるものは、高いお値段で、いいんですよ。

安いことを売りにしても、何もならない。

逆に、インスタントな結果が欲しくて、インスタントなやり方をしていたら
自分の人生が安っぽくなってしまうのね。

タイトルとURLをコピーしました