1. TOP
  2. あなたのメルマガやブログが読まれない?理由

あなたのメルマガやブログが読まれない?理由

琉海です。

「メルマガやブログが読まれない」理由について思うところがあったので、お伝えします。

前に、カリスマ養成講座のご紹介をしたのですが、覚えていますでしょうか?

カリスマ養成講座
※無料登録すると、はづきさんの代表作「誕生日占い」にまつわるお話が聞けます。リブランディングについてのことだけど、面白いです。

実は、6月7日(日)に東京で行われた説明会に、参加してまいりました(^^

懇親会で、講師おふたりと写真も撮っていただいてきましたよ!
20150607_hazkixshibuya

説明会では、渋谷さんのスライドも生で見れたことだし、満足でございました・・・

本を読むだけでは、わかりづらかったものが、目にすることですぐ!わかったので。

で、ですね。思い起こしてみてほしいのですが、

紹介した案件を、わざわざ、調査に行ってるアフィリエイターって、居ます?

そこが、読まれる or 読まれないの差だと思うのですよ。
どんな媒体であってもね。

前に、書いたことがあると思うのですが、専門家っていうのは、一次情報の多い人のことをいいます。

一次情報っていうのは、足で稼いだ(自分が体験した)情報のこと。
これをたくさん持っている人を、専門家といいます。

誰かが足で稼いできた情報を、仕入れてくるひとが持ってるのは二次情報といいます。

伝え聞いたり、誰かの書いているブログを読んで仕入れたもの。

このメールを読んでいるあなたは、わたしの一次情報を受け取って、誰かに伝えるときには二次情報になっていますね。

もしもあなたが、ブログやメルマガの文章を書くときに、誰かの一次情報を元にしているのなら、それはきっと、あなたの読者にとっては、つまらないものだろうと思うのです。

というのも、ちょっと考えてみてほしいのですが・・・

何かの物事や事実を、Aさんが体験して、文字などに表現した。

ここでおきていることは、
Aさんなりの思考のクセや考え方の「フィルター」を通して、
何かの物事や事実を体験している、ということ。

そして、Aさんの文章のクセを通して、表現されますね。

するとですね・・・

Aさんの一次情報は、実は、ありのままの「物事や事実」を
伝えていない可能性があるんです。

そんな一次情報を仕入れて、Bさんが何かを書いたとする(二次情報)。

Bさんの解釈および、表現という2重のフィルタがかかりますね。

それを見た、Cさんは、
はたして「ありのままの物事や事実」を、知ることはできるのか?

できないんですよね。

表現が一般化し、ありきたりになってしまって。つまらない。

ダン・ケネディの言葉に
「マーケティングにおける最大の罪はつまらないことである。」というのがあります。

マーケティングって、実はかなり広範囲なことをさす言葉だけれども、

  • コンセプトがつまらない
  • オファーがつまらない
  • コピーがつまらない
  • コンテンツがつまらない

とかとか、いろいろと改善ポイントが洗い出せますよね。

「つまらない」って、結局、何なのか?を考えてみると

目新しさがない=当たり前のことしか書いてない

ってことだと思うのですね。

「つまらない」を吹き飛ばすには「面白さ」だと考えていて、面白さについては、以下3つだと思ってる。

  • entertainment(芸能関係)
  • interest(ニュース、興味・関心)
  • resource(情報源)

▼詳しくは、わたしが書いた過去記事をどうぞ
他人が面白い(と思う)記事の種類とは?

優秀な情報源となること(つまり、専門家だね)、
ニュース性を出したり(something new)、
誰かの興味・関心があることを書くこと。

これを意識した、メルマガ原稿やブログ記事がないのなら、

いくらメルマガ読者数を増やしたって、
コメント周りしてブログ記事にアクセスしてもらったって

無視されるだけ・・・

読まれないっていうのは、
ブログでいえばアクセス数が増えないってことだし
メルマガの感想がもらえないってことだと思うのですが、

まずは、自分が、

面白いと思ってもらえるようなコンテンツを先出ししているのかどうか?を思い出してみてくださいね。

琉海でした。

追伸>
市場と対話すること
この記事の、一番最後もよく読んでね

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コンたま編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • かつぐ神輿を間違うな

  • アメブロで売上を加速する唯一の方法

  • facebookで「もっと見る」にならない文字数は?

  • facebookの効果的な使い方、チラ見せ

関連記事

  • コピーライティングの暗部

  • プロダクトローンチに対する誤解について

  • ギリギリまでたたかう姿勢 ※日付変わるまでに見てね!

  • 知の呪縛

  • 「売る」ことへの抵抗感を払拭する方法

  • 島田紳助の「XとYの法則」