1. TOP
  2. 究極のビジネスモデル

究極のビジネスモデル

前回のメールに、別プロジェクトでご一緒している
藤井さんからメールをいただいたので、無断でwご紹介したいと思います。

「捨てアドレスと商材を購入するアドレスが違うと分断される」

まさに自分が物を購入する時に
そうしていたので「なるほどな~」

と思った次第でした。

僕はアフィリエイターではないので、
そんな事想像もしなかったですが、

運営する側の気持ちになって考えると
クッキー情報で追いかけたいよな~
確かにそうだよな~!

なんて思う事が多くて頭の体操になりました。

今までたくさんのメルマガを取っていますが、
そんな仕掛ける側の裏側を発信してくれるメルマガは
聞いた事ないし、自身も仕掛ける側に回りたいと
思っている僕に取っては非常に面白いメルマガです。

毎回楽しみにしていますので、これからも
頑張って下さい。

意図をくんでくださるかたがいると知って、
ちょっとホッとしました。

さすが、藤井さんです(^^

※というか、読んでいただいていたとは(苦笑)

アフィリエイターだからといって、
「仕掛ける側の視点」が、いらないわけじゃありませんね。

販売者の意図を汲んで、最適な行動をするから、
最短で、欲しい結果が得られるものなのだと思います。

和佐君が、どこかで書いていたと思うのですが、
ビジネスモデルは、究極に言うと、2つだけ。

1.自分の商品・サービスを売る
2.他人の商品・サービスを売る

アフィリエイト活動は、あくまでも、
 2.他人の商品・サービスを売る
こちらのビジネスモデルなので、

販売者(他人)が喜ばない売り方をしても、
アフィリエイターは感謝されませんね。

どんな売り方をするにせよ、
結局は、ご自身のあり方が、問われていますよ。

前のメールの内容も、あわせてお読みいただけると
いわんとすることは、伝わるんじゃないかなぁと思います。

そういえば、多分、書いたことはないのですが

わたしは、誰でもインターネットを使って、
稼げるようになる、と信じています。

どんなカタチででも。

わたしは、これまでの経験から
インターネットで稼げると、当たり前のことに思っているし、

だからこそ、今のシェアコムの運営の仕事もしていて、
他にも、何社かの情報起業家と呼ばれるひとたちのプロジェクトに関わっています。

このブログを読むあなたが、
望む未来を手に入れられるお手伝いになれば、と思って
お送りしています。

引き続き、お読みいただければと思います(^^

琉海でした。

追伸>

インターネットって、本当に、無限の可能性にあふれているなぁ~と
感じています。

わたしは、もともとエンジニアなので、
インターネットやパソコンに詳しいですし、余計にそう思うのかもしれませんけれど。

ずーっとネットビジネス関連のことをやっていて、
ここ数年の課題が、コピーライティングなんです。

最近、急に悩みが深くなってしまい、
「The Million Writing」っていうコピーライティングの教材を買ってみました。

セールスレターを見るだけでも、勉強になるなぁ~

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コンたま編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • かつぐ神輿を間違うな

  • アメブロで売上を加速する唯一の方法

  • facebookで「もっと見る」にならない文字数は?

  • facebookの効果的な使い方、チラ見せ

関連記事

  • ネタ切れ解消法

  • どこから、リストを取ればいいの?

  • 1円でも高く売ることを考える

  • 親の威厳が台無しね・・・

  • あなたのメルマガやブログが読まれない?理由

  • ネット集客のゴールデンルール