1. TOP
  2. 無料オファー案件で稼ぐときは・・・

無料オファー案件で稼ぐときは・・・

琉海です。

多くの人は、自分のおかれた立場からしか、物事を見ません。

サービス業だと
「顧客の気持ちになって、サービスしましょう」とか、
いわれるわけなんですが、

「で。結局、どうすればいいの?」と
マニュアル的なものを求めるひとは少なくありません。

別にそれでもいいんですが、それだと、
いつまで経っても、自分で何かを作り出すことができません。
このため、ジリ貧になっていくのです。

※思考しなくていい「作業」は、いずれ、機械に置換されるからです

「そうはいっても、どうやって思考すればいいのさ!」とか
これまたマニュアル的なものを求められてしまうのですが、
いわれるがままにやっていて、自分の思うように稼げるようになるのなら
「世話はない」ですね。

このことは、ぜひとも、覚えておいていただきたいです。

んで、話を戻すと。

アフィリエイターとして活動したいのなら、
販売者の気持ちや事情を考えるのが、手っ取り早い。

っていう、話がしたかったんですw

多くの人は、自分のおかれた立場からしか、物事を見ません。

だからこそ、あえて!意図して!!
見えないルールや、知らなかったルールを知るために、
立場を変えて、物事を見てみることが、必要です。

で。

アフィリエイターとして活動したいのなら
「がっつり稼ぎたい!」気持ちはわきにおいておいて、
販売者の気持ちや事情を考える、ということ。

まずですね、
最近、無料オファーの案件が「アフィリエイト初心者におすすめ!」なんて
いわれるわけですが、

実態は、そうじゃないです。

というのも、無料オファーのオプトインだけで稼げるのは
はじめのうちだけ。

オプトインによる報酬を受け取れば、受け取るほど、
稼ぐのが、難しくなってくるのです。

というのも・・・

「メルアド登録させただけでは、販売者はあんまり喜ばない」からです。

まず、なぜ、メルアド登録だけで、アフィリ報酬を払っているのか?
ということを、考えてみてください。

通常のアフィリエイトは、
売上が確定しないと報酬を受け取れない絶対ルールがあるのですが、

無料オファー案件に関していえば、
メルアド登録さえしてもらえば300円とか、最近は1000円以上の
アフィリ報酬設定があります。

売上げが、あがってないのに、です。

なぜ、売上げの見込みがまるで立たないのに、
広告費の先出しをしているのか?という点がポイントになります。

1.メルアドを集めるのが難しいから?
2.いつもがんばってくれてるアフィリエイターに利益還元?
3.キャンペーンの拡散を、手伝ってくれて、ありがとう?

そんなわけ、ありませんよ。

販売者が、一番喜ぶことは、
オプトのあとに控える「バックエンド商品が売れる」ということ。

無料オファー案件は、
たいていの場合は、20~30万円くらいの
オンライン塾をバックエンド商品として販売することが多いですね。

だいたい、3000万~1億円くらいの売上目標でキャンペーンをするので、
単価30万円だとすると、100名~300名くらいの購入を見込んでいます。

販売者は入塾してくれるひとを探していて、
そのために、できるだけ、多くのひとに、告知を見て欲しい。
(=だから、アフィリエイターを使う)

もちろん、その中でも
案件に興味のあるひとだけにオプトして欲しいのです。

興味のない人に売りつけることはできませんが、
興味ありあり!のひとになら、楽に、販売ができるからですね。

だとしたら、
販売者がアフィリエイターに求めているのは、何か?ということ。

  案件に興味のある人だけを、
  アフィリリンク経由でLPに連れてきて欲しい。

これだけなんです。

なので、アフィリエイターにやってほしくないことは、
「案件に興味のない人を、オプトさせること」です。

たとえばですね、
販売者が、せどり系の塾をやるので、無料オファーキャンペーンをするとします。

アフィリエイターに期待するのは
「せどり」に興味があるひとを、LPへ連れてきてもらうこと。

そのために、オプト300円~1000円なんて、安いものです。

でも、もし、
アフィリエイターが抱えるリストが「投資系」に興味があるリストだったら?

オプト数が少ないのは、目に見えてますよね。

でも、アフィリエイターが欲を出して、
無料オファー案件で稼いでやろう!と思って、あれやこれやして、
オプト数100件いったとします。

自分のリストが枯れるうえに、販売者も喜ばない。
バックエンドの成約率が悪いのは目に見えているからです。

だって、
投資に興味があるのだから、
「実店舗で、売れ筋商品をこう探します!」なんてノウハウを知ったところで
へぇ~、で終わるからです。

塾に入ってまで、やってみよう!という意識が
はじめっから低いことがわかりますね。

なので、アフィリエイターとしてはね、

1.自分のリストと属性の合っている案件だけを扱うこと
2.気持ちよく、オンライン塾へ送り出す気持ち

これがないと、アフィリエイターとして長くやっていくことはできません。

ですが。

多くの人が、間違った誘導をしているんですね。

今回は、間違った属性にオプトさせることを挙げましたが、
まだまだあるので、

次回は、「間違った誘導をしている事例」について
お伝えしますね。

ではでは!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コンたま編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 計画を立てる、本当の意味

  • 藤井四段からの挑戦

  • ヤル気が出ないときの対処法

  • 「稼ぎたいんです!」

関連記事

  • ダメな誘導事例

  • 残念なバースデーサプライズ

  • 売り物がない?

  • あなたが知らない検索キーワードのこと

  • ノウハウコレクターも悪くない

  • 起業を志したときの醍醐味