1. TOP
  2. 新田くんと為末大が指摘する日本的精神論

新田くんと為末大が指摘する日本的精神論

社会常識
  490 Views

琉海でございます。
ソチオリンピックに関して、為末大さんが書いたコラムが面白いので、考察してみます。

私は日本的精神論とは、(1)足りないリソース(資源)を気持ちで補わせる(2)全体的問題を個人の努力に押し付ける、だと考えている。結果が出せないことに批判が集まるたび、ここ数年続くブラック企業を想像してしまう。全体として足りないリソースを残業などの個人の努力で補う。「できる、できない」は気持ちの問題。それと似た空気を五輪の期間中も感じている。

http://www.nikkansports.com/sochi2014/column/tamesue/news/p-sochi-tp0-20140212-1256454.html

細かく見て行きましょう。

(1)足りないリソース(資源)を気持ちで補わせる

これについては、いうまでもないですね。
「やればなんとかなる!」っていう感じ。

気持ちだけで解決できるタイプのひともいるだろうけど、大多数は、無理なんだよね。

(2)全体的問題を個人の努力に押し付ける

努力が足りないから、目標達成できないんだ・・・とかね。それは違う。

よく考えてもみてよ。

ほんとうの意味で、たったひとりで年収1億になろうと思ったら、
まぁ、いろんな過程があるけれども
ビジネスからの収入だけで1億としたときに、やっぱり、事務&秘書&経理っぽい仕事をしてくれるひとがひとりはいる。稼ぐことに注力したほうがいいからね。
そして、あなたの商品・サービスを買ってくれて、売上を支えてくれる「お客さん」がたくさんいる。

そういうひとたちの支えがなければ、あなたの「年収1億円」というのは成立しない。

なのに、自分だけががんばれば、収入があがると思ってるひとが多い。

新田君の昔の投稿にこういうのがあります。

1.みんな出来もしない予定を詰め込みすぎ
2.みんなコアを絶対視しすぎ

http://mintia01.com/archives/2767

できもしない予定を詰め込み過ぎるのは、努力で何とかなる(精神論)と思ってるからでしょ?

そして、「全体的問題を個人の努力(コア)に押し付ける」思考なわけ。

うぁお!シンクロしてる(*´ڡ`●)

まとめ

いまあるナサケナイ自分は棚上げして、
その「ナサケナイ自分でもできる」現実的で堅実なプランを立てずに、
急に、自分から遠いところに「年収1億!」とか目標をかかげても、

プロセスひとつひとつに、あなたの魂(こころ)は、こもっている?
「やりたい気持ち」とリンクしてる?

そもそも「自分を知らない」から、そういう変なことをしちゃうわけ。
自分を知るっていうのは、残念ながら、家でじーっとしててもわからない。
他人との相対比較で、なんとなくわかるものだよ。

自分を知るケースにおいては「ネットを捨てよ、町へ出よう」が正しい。

寒いけど、お外でて、ひとにたくさん会いましょう♪

琉海でした。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コンたま編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • facebookで「もっと見る」にならない文字数は?

  • facebookの効果的な使い方、チラ見せ

  • お金を稼ぐのが面倒くさい

  • 過去にやって挫折したことも、今なら・・・

関連記事

  • 営業日とは?

  • 何もしないで一攫千金の方法

  • 梅田近辺のセミナー、研修室一覧

  • 【事例】入金確認メールが来ない時の、問い合わせの書き方

  • 計画を立てる、本当の意味

  • インフォトップの購入者メールアドレスが抜かれてるんじゃないか?疑惑