1. TOP
  2. 営業日とは?

営業日とは?

社会常識
  899 Views

その会社が営業している日をいいます。
「休業日」の反対語。

サービス業の場合は、年中無休の場合もあると思いますが、このとき、営業日は365日。
ただし、それでも事務方は、土日祝が休みのケースがあります。

個人の飲食店だと「火・水」が休みということもありますね。
この場合、営業日は木~月になります。

多くの場合は、大型連休など特別な場合を除いて、土日(と祝日)が会社はお休みです。
また、関連して「営業時間」もあります。

営業日の営業時間内は、会社員のいうところの「就業時間」にあたりますので、問い合わせや電話の応答もあります。
ですが、これに相当しない土日祝(他、会社規定の大型連休)や、時間帯に問い合わせをしても、最短で【翌営業日】の対応となります。

たとえば、あなたが、土日祝がお休みの会社に対して、
2013年11月29日(金)の18時に、問い合わせのメールをしたとします。

これの返答があるのは、最短で、翌営業日・・・つまり、12月2日(月曜)です。

年末年始の事例でいうと、
2013年12月28日(土)~2014年1月5日(日)までを、年末年始の休業と定めている会社に、

2013年12月27日(金曜)21時すぎに、問い合わせのメールをしたとします。

最短で、翌営業日に返信があるとして、何月何日でしょう?

・・・わかりますよね?

2014年1月6日(月曜)です。

ここまでは、社会常識ですので、あえて書くほどのこともないんですが。

本題です。

「ネット起業家」と呼ばれるひとたちは、「ひとり企業」のように思われていますが、アシスタントや数名の従業員を雇っています。
このため、従業員たちは普通に「土日祝」はお休みですし、9:00-17:00を超えれば、応答がないケースもあります。

特に、情報商材ASPの運営をしている規模にもなれば、社内で分業制になっております。ごく、普通にね。

なので、即日即時に連絡があると思うこと自体が、おかしいことなんですが、
土日祝の深夜1時や2時頃に、「返事がありません」「まだですか」と、ストーカーまがいのメール追撃が事務局宛にあるケースが多々あります。

入金の件で、気になっていたのだとしても、ネットショップにだって休業日があります。
(営業日についてはわかりやすく、メール下部などに記載があります。これまでのメールをよく見てください)

一般常識のある【大人の対応】をしましょう。

つまり、適度に「待つ」ということです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コンたま編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • モチベーションの波を乗りこなす方法

  • 自燃の人、他燃の人

  • 意識高い系とエンジン性能

  • 「検索の限界」のハザマに

関連記事

  • アナログ人間なので、よくわかりません

  • 何もしないで一攫千金の方法

  • ヤル気が出ないときの対処法

  • インフォトップの購入者メールアドレスが抜かれてるんじゃないか?疑惑

  • 計画を立てる、本当の意味

  • 紹介手数料を得る「アフィリエイト」の基礎