1. TOP
  2. 売れる仕組み(マーケティング)
  3. アメブロで稼ぐ方法

アメブロで稼ぐ方法

「アメブロで稼ぐ」を検索したら・・・

いろんなツールが出ていることもあって、変な読者登録は来るし、アメンバー申請みてても、イタイなぁって思うことがたくさんあります。

その中で、わりと散見されるのが「アメブロで稼ぐ」というキーワードです。

アメブロをやってるあなたが、他者の認める実績がありアメブロで稼ぐ方法を教えているのならともかく、「自分が稼ぎたい」のであれば、稼ぐなんて言ってちゃダメですよ。

「アメブロで稼ぐ」って書いてる時点で終わり。death

そもそもですね「アメブロで稼ぐ」っていう言葉が、多くの人を遠ざけているんですよ。
※というわけで、このエントリーは「アメブロで稼ぐ」という言葉に興味のあるひとだけが、読む・・・という計算です。

自分が稼ぎたい!と思って情報を探しているひとはいる。

しかし、あなたを稼がせるために、わざわざ、ブログを読んでくれるひとなんていない。

この2点を考えたときに、自分がどうあるべきか?というのを【自分の頭を使って】考えてみてください。

私の目に入ったということは、マニュアルどおりに再現できる実行力があるということ。この点については、すばらしいと思います。
多くの人は、知っていても実行しないで、(稼げるはずがない)と思い込んでいるだけだからです。そのひとたちに比べれば、雲泥の差で「見込みがある」と思います。

ですが、何も考えずにマニュアルどおりにやっただけ、では、劣化コピーの成果しかでませんね。マニュアルが広く流布しているのであれば、劣化率は相当なものです。

考えることを放棄したとき、あなたは、搾取される側の人間です。
稼ぐ側の人間ではありません。

単に、「アメブロで稼ぐ」とブログタイトルに書き、そういった記事を書けば、自分が稼げるようになるという短絡的な話ではないのです。

それを「やってみれば、腹の底からわかる」という体験をするにすぎないのです。


ひとは、利己的なものです。

アメブロで稼ぎたい!と思ったとき、「アメブロで稼ぐ」というキーワードで検索するかもしれない。

けれど、ameblo.jpドメイン下だけでも、(Googleによれば)約 742,000 件もページがある中で、自分のブログが選ばれるためには、何が必要なのか?ということです。

そのためには、情報を探しているひとの気持ちになってみるといいです。

おそらく過去に、あなたは同じ気持ちで、ネット検索をしたはずですから、想像するのは容易です。次の行動も、手に取るようにわかるはずです。
かつて、あなたが通ってきた道だからです。

まずは、「実績があり信頼できるひとじゃないとイヤ」でしょう。
どうせなら、実現確率の高い方法に、時間をかけたいからです。時間を使って読むのなら、より確実な情報を仕入れたいからです。

初心者でもわかりやすく、丁寧に解説してくれている人を選びたいですよね。

するとですね・・・アフィリエイト業界の典型的な構図でもあるのですが、実績があり、プロモーションのうまいひとのところへ、局所集中し、そのひとはさらに稼げるようになるのです。

まだナンの実績もないあなたが「アメブロで稼ぐ」というエントリーを書くことで、あなたがますます稼げないという悪循環に手を貸していることに、気づいていないひとが多い。

「アメブロで稼ぐ」なんてキーワードで人を釣っても、あなたのお客さんにはなり得ない。
もちろん、少量のアフィリエイト報酬を手にするかもしれませんが、あなたがかけた時間や労力に見合うものかどうか・・・

早く気づいて、もっとご自身の頭を使って、もっともっと有意義なことにお時間を使っていただければと思います。

アメブロの場合、稼ぐだのなんだのいうよりも、自分の商品・サービスを広く認知させ、流布させるために使うほうが、よりよい成果が得られます。

<関連記事>
アメブロが商用利用に向かない理由
ファッションブロガーのためのブログサービスの選び方
なぜ、アメブロなのか?

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

w3e6a5d8m4in

この人が書いた記事  記事一覧

  • 売るプレゼンの特典ページ

  • かつぐ神輿を間違うな

  • アメブロで売上を加速する唯一の方法

  • facebookで「もっと見る」にならない文字数は?

関連記事

  • フードコーディネーターさんの販促

  • 不便さがエンタメになる時代

  • 紅茶屋さんの販促企画

  • インターネットビジネスの全体図

  • 脳ミソ、ゆさぶられた!

  • 母の日イベント