お金を稼ぐのが面倒くさい

それ言うたらアカンやつ

年末に、断捨離で出てきた「捨てるには惜しい(=欲しがるひとが居そう)」なものをメルカリで売っていました。

長期の旅行から帰ってきて、チラッとメルカリを再開したのだけど、すぐに1件売れてね。
ちょうど仙台に行く日だったから、帰ってから発送しますね、って連絡したのだけど。

これがまー。また。発送がめんどくさくてねぇ・・・
しょーみの話、差益100円のちっさな商いだったわけよ。

(物販やりたくないのは、コレだよ、これ・・・)って思ったんだけど、
ふと、思ったのね。

お金を稼ぐのがめんどくさい、って何だ!?って。

本音としては、こんなに面倒くさい思いをしてまで、稼ぎたくない。お金を欲しくない。ってことでしょ。

こんなに?

何を基準に、そう思ったんだろうね。

 
割に合わないって思ったってことはさ、もちろん、いろんな言い訳があるわけだけど、
これっぽっちのお金のために、わたしが動かなきゃならないなんて、ってことでしょう。

それだけ、わたしは、自分を高く見積もっている。
それに見合わない経済活動に対して、不満を持っている。

そういうことだなぁと思ったのね。
もうひとつはね、大きさに対して非常に偏りを持っているということもあらわになったよね。100円の価値を自分がどう見ていて、その向こうに何を見ているのか。この話は、また今度。

そもそもが(捨てるには惜しいものを誰かが使ってくれたらいいな)っていう、思いなわけで。

それが叶うなら、(面倒でも)身体も使いましょう、っていう同意が自分の中にあったはずが、ついつい、「高く売れればいい」「高くうれるほどいい」みたいな、
目的と手段のすりかえが起きていたんです。

そもそもの目的:捨てづらいものを(手をかけてでも)次の人へ 手段:メルカリ

すり替え後の目的:メルカリで稼ぐ 手段:???(面倒で、疑問がわいた)

本来の目的は、手元にある「願い事のもちぐされ」の結晶を、次の人へ受け渡すこと。循環すること。
このことにより、わたしは願いを断ち切り、昇華することが目的であって、お金を稼ぐことや利益を残すことは優先順位が<下>なんですよね。

ひとの気持ちって移ろいやすく、また、欲深い方へとブレていくものだなぁと実感したのでありました。

過去にやって挫折したことも、今なら・・・
5年ぶりくらいの大規模な断捨離をしています。この1年のうちに、これからの10年をどう生きるか?のビジョンができたので、そぐわないものや、今はいらないものを処分しているのですね。その一環で、フリマアプリへの出品をはじめました。▼ラク...

コメント

タイトルとURLをコピーしました