1. TOP
  2. VIP/SVIP単価をもらうには?

VIP/SVIP単価をもらうには?

無料オファー
  214 Views

先日、ちょっと気が向いて、無料オファーのオプトをやったのですね。
結果どうなったかというと・・・

メルアド16件オプトで、バックエンド3成約しました。

3成約÷16オプト=0.1875

つまり、オプトから18%の成約率をたたき出したわけです。

これね・・・知らないひとが多いと思うのですが、
いい意味での【異常値】です。

通常のアフィリエイターだと成約率1%以下もザラで、
18%って、キャンペーン主の自社リストですら出せるかどうか?といった高成績なんですよね。

知ってました?

たった16オプトじゃ、オプト数ランキングだと、かなり下位ですけど、
成約率ランキングだったら、確実に1位ですね。
(運営に確認してないけどさ)

そういえば、前に、畑岡さんの無料オファーキャンペーンでも
成約率ランキングで上位入賞して、5万円の賞金をもらったことも思い出しました。

その前は、オプトランキング2位、オプト数ランキングで同率1位っていうのもあったかな・・・もう、覚えてないや。キャプチャ、おいておけばよかった。

けっこうね、このブログでも無料オファーのことは書いてきたのだけど、
VIP単価欲しいからって、
運営に、オプト数ばっかりアピールするひと多いのよね。

アホか、っての。

アフィリエイターって、キャンペーン主からしたら、未確定要素の多い広告媒体に過ぎないです。

普通ね、たとえば、
バナー広告を出すとか、近隣にチラシをまくといったときに、どういう判断をしているか?っていうと

その広告で、収支がプラスになっているうちは広告出稿します。
マイナスになったら、広告出稿停止です。

マイナスになるっていうことは、
広告費用を上回る売上がでなかったということ。

ということは、無料オファーのアフィリエイトの場合は、
バックエンド成約が出たら売上が立つので、かけた広告費用(アフィリ報酬)と比べて、売上がプラスであれば、広告媒体として有用なので、次回も出稿。

バックエンド成約がでない広告媒体は、箸にも棒にもかからんクソ媒体(=クソアフィリエイター)なので、「次回からは、紹介をご遠慮願います」ってことだよ。

(わかりやすいように、極論で、お話をしていますよ)

なので、収支がプラスにならない媒体=クソなアフィリエイターからの「VIP単価のお願い」なんて、耳を貸すはずもないんです。
まともならアフィリセンターならね。

ここらへん、さらにカラクリもあるんですが、話がそれていくので、また今度、解説しますね。

こうした、ごくごく常識的なことを知らず、わかろうともせず、
そして、どうやって広告費用(アフィリ報酬)を相殺しているのか?についての理解もないアフィリエイターが「VIP単価だったら、やる気出るんですけど・・・」みたいなメッセージ送ったところで、厚遇されるはずもない。

そういうビジネスにおいて基本的なところを、わかってないアフィリエイターが多いんですよ。本当に。

メルマガ登録させさえすれば、お金が儲かるって、ものすごーく、近視眼的にしか見てない。
見れていない。

なんで、こういうことになるか?っていうと、これはもうね、ビジネス知識の欠如でしかないなと考えています。

リアルとネットって違うように思われがちだけど、単にリアルの仕組みがインターネットに置き換わっているだけ。
完全成果報酬の営業マンのことをアフィリエイターって呼んでるだけで、基本的な仕組みは同じ。

こうしたもともとのビジネスの仕組みって、書籍よんだり、ネットの情報をくまなく探して、自分で理解するのが普通だと思うんだけど、
わかりやすく、よくまとまってる書籍とかもないし、自分で、断片的な情報をつなぎあわせて理解していくしかないのよ。

これさ・・・ちょっと考えたらわかると思うけど、膨大な手間がかかる。

わたしは趣味みたいなもんだから、より一層の時間をかけて、労をいとわず楽しんでしまうけど、
普通にお仕事してたり、小さなお子さんがいたりしたら、そんなもん、じっくりと学んでる時間がない。

そして、基本的なところを知らない・わかっていないからこそ「これをしさえすれば!儲かる!!」みたいなもんに、簡単に、ひっかかってしまうんですよね。

そういうの、やめてほしいな、と思っていて。

わたしがそばについていたら、「そんなん、買わなくていいよ」って教えてあげることができるけれど、ほとんどのひとには、それをやってあげることができないからさ。

これはもう、ご自身で知識武装してもらうしかないと考えています。

ビジネスのホントのところはどういうものなのか。人は何を思い、買う気になるのか。
集客って、どういう風に考えて設計し、何をシステム化すればいいのか・・・

実は、そういうのんが学べる月額制(CBA)がはじまります。
初月無料なので、今すぐ、参加の手続きをしてください。

CBAに参加する

※クレジットカードが必要です
※先着1000名限定なので、お早めに

 

特典でついてくる30万円相当のコンテンツ、これだけでもめちゃくちゃ!ためになります。
前から気になっててまだ入手できてないものがあったので、わたしはあっさりと参加を決定しましたw

初月無料なので、10月の間にすべてのコンテンツを見てしまえば、勝ち逃げ!できますね。

まぁ、でも。たぶん、全部のコンテンツを見終わるまでに数か月かかるよな~とは思いながら、わたしは参加の手続きをしました。
何万円かは、支払ってもいいなって思ってたので。

どうして、これくらいなら支払ってもいいなって思えるのか?っていうと、これまで、この会社が売ってきた商品・サービスを何度も購入してきてて、ある一定のレベルにあることはすでに理解してるからです。
もちろん、期待を裏切られたときには、「紹介しない」っていうカタチで離れますし。今のところ、継続的にいいものが出てきているので、今回も期待大!だなと思っています。

もちろん、CTWや横山さんの教え方が合わないひともいるだろうから、そういうひとはね、無料期間内に退会してください。
合わないのにいつまでもがんばろうとしたって無理なもんは無理。どこで撤退するか?の引き際は、いつだって、自分目線で決めてください。

・・・でね。

「何万円かは、支払ってもいいな」
こういう、予算感覚を持つようにしてくださいね。

マーケッターやコンサルタントだったら、こういうのってネタの「仕入れ」に相当するので、どれくらいを「原価」として予算計上するかは、すでに、自分のなかで設定があるはずです。
ないひとは、コンサルタントとは呼べないぞw

こないだ、あんまりにも安い!!って、飛びついたのは、インフォマスターズとストーリーライティングマスタークラブです。どっちも購入してよかったです。

同じ感覚を持っている方は、たぶん、私の感覚とさほど離れてないと思うので、ぜひ、CBAも参加してね。

CBAに参加する›

 

追伸>

わたしみたいに、時間に余裕があるひとは塾や教材の受講期間の重複はOKですが、すでにどこかの塾に入ったり、教材を購入していてサポート期間が残っているひとは、そちらを優先してください。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コンたま編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ファンには2種類いる

  • お商売のセンス

  • アホなアフィリエイターが嫌いだ

  • 次世代型のコンテンツの作り方

関連記事

  • ダメな誘導事例

  • 無料オファー案件で稼ぐときは・・・

  • デバイス・ディバイド