1. TOP
  2. LINESTEPのデモアカウント作成手順

LINESTEPのデモアカウント作成手順

ツール
  1,106 Views

LINEステップとは、LINE@にステップメールの機能を組み込むための月額課金サービスです。

現状、売れるネット広告社の「売れるネット広告つくーる」に機能として組み込まれている他、田窪さんのLINESTEPと、小山竜央さんのLINEステップメール「CROSS」、そして、開発中を公言している七星さんのところ。

先日、説明会に参加して、ラインステップのデモアカウントを作成してみました。

結論からいうと、2015/8からすでに稼働していて270の友達追加があるLINE@アカウントでラインステップのデモ登録はできませんでした。

※ご注意※
LINESTEPのWEB説明会に参加した方のみ、現在はLINESTEPの利用申し込みができます。
リアル説明会に参加するにはコチラ

<前提>
・LINEアカウントでメールアドレス登録済み
・すでにビジネスアカウントを作っていて、LINE@のアカウントもいくつか持っている
・会社/事業者未設定のLINE@アカウントがある

LINE BUSINESS CENTERにログイン

▶LINE BUSINESS CENTER
https://business.line.me/ja/

ログインしたらメールアドレスの登録をいわれるときは、そのまま素直にプロフィール情報と事業者登録して、メールアドレスの有効性確認を済ませてください。

ちなみになんですが、プロフィール情報のみのケースと、プロフィール情報と会社/事業者情報の2つを同時に入力させるケースとがありました。
ご使用のタイミングによっても違うと思いますので、適宜、対応してください。

新規のLINE@アカウントを作る

上部メニューの「アカウントリスト」→「ビジネスアカウントを作成する」→Messaging APIの「Developer Trialを始める」か、または、

コチラを開きます
https://business.line.me/ja/services/bot

すると、新規のLINE@アカウント作成画面になりますので、必要事項を入力してアカウント作成してください。

このとき、以下のメッセージが出たら

さきほど登録した事業者情報を選んでLINE@アカウントを作ってください。

もともと作ってあったLINE@アカウントがたくさん入ってる事業者情報「会社/事業者未設定のLINE@アカウント」は、そのまま何もせず、置いておくのをおすすめします。

LINE@アカウントが作成できたら、こんな画面になります。

下の緑の「LINE@MANAGERへ」をクリックすると、左側の見慣れた画面が開きます。

LINE@マネージャ画面の左側のアイコン下に出ている@xxxxxxを、指定のGoogleフォームで登録しておきます。

初日は、ここまで。
LINESTEP運営からのメール連絡を待ってくださいね。

後日、運営からメールが来ます

2営業日とは書いてありましたが、翌日にはメールがきました。

まずは、LINE@マネージャでBot設定

LINE@マネージャ

左メニュー「アカウント設定」→「Bot設定」に進みます。


「APIを利用する」ボタンを押してください。


確認ページが出ます。新規アカウントなので、データが消えても問題なし。

画面が切り替わります。

PUSH_MESSAGEが表示されていることを確認

リクエスト設定のWebhook送信は「利用する」

詳細設定は、3つとも「利用しない」にして、保存ボタンを押します。
画面は切り替わりません。

上にスクロール↑して・・・

LINE Developersで設定値を取得する

「LINE Developersで設定する」リンクをクリックしてください。

初回の場合は、以下のような確認画面が出ます。

何が書いてあっても、AGREE(承諾)しないと使えないので、AGREEボタンを押します。

Basic information画面になります。
この画面で、LINEステップで必要な情報はすべて取得できます。

Channel IDとChannel Secret、Channel Access Tokenを取得

Channel Secretは●●●●●で隠されているので、右にある「SHOW」ボタンを押してください。

画面は切り替わらないので、そのまま下へスクロールして、Channel Access Tokenの「ISSUE」ボタンを押すと、かなり長い文字列が表示されます。

この3つのデータを、ラインステップの管理画面で登録します。
LINE Developers画面を開いているブラウザはこのまま、開いた状態にしておきましょう。

LINE STEPの管理画面にログイン

「LINEステップ管理画面情報のお知らせ」メールに、ログイン情報が書いてあるので、これを使ってください。

ログイン画面のURLをここに書いていいものやら・・・悩んでます(汗

ログインすると、初回設定画面が開きます。
さきほど、developer画面で取得しておいたChannel IDとChannel Secret、Channel Access Tokenをそれぞれの項目に入力してください。

またこのとき、同時にログインパスワードも変更するため、あらかじめ入力しておきます。

入力が終わったら、「チャンネル情報を登録し、パスワードを変更する」ボタンを押します。

Webhook URLの設定

「Webhook URL」が表示されます。これを、LINE Developers画面で設定します。

この記事の指示通りにやっていただいているなら、まだLINE Developers画面が別窓で開いているはずなので、ページ右下の「EDIT」ボタンを押してください。

すると、入力項目が現れます。

空っぽのWebhook URL欄に、先ほどラインステップ管理画面で表示されたURLをコピペで入力して「SAVE」ボタンを押してください。

LINE STEPの管理画面に戻る

Webhook URLの保存が終わったら、LINE STEPの管理画面に戻ります。

「管理画面へ進む」ボタンを押してください。

おめでとうございます!
これで、デモアカウントの登録は完了です。

このあとどうする?

新しく作ったLINE@アカウントのQRコードを使って、自分のスマホLINEで友達追加してください。

LINE@アカウントのQRコードは、
LINE@マネージャの左メニュー「アカウント設定」→「基本設定」の画面にあります。

LINESTEP管理画面の左メニュー「マイアカウント」にも、友達追加のURLは表示されています。

LINEアカウントで友達追加をすると、フォロワー一覧に表示されています。感慨深いです・・・

ちなみに、今回作ったデモアカウントでは50名まで友達登録可能です。

また、通常のLINE@アプリからこのデモアカウントの操作ができなくなっているので、スマホに通知がでない!
スマホでもラインステップの操作はできるのですが、PC版の画面しか用意されていないようで文字は小さいわ、操作しづらいわ・・・この点、デメリットを感じています。
まぁ、スマホ通知が出ないので、即時対応をしなくていいっていうメリットもあるっちゃありますけどね。
PC必須です。

月間1000通制限は?

びっくり!なことにですね、LINESTEPのシステムからメッセージ送信した場合は、カウントされないです。1:1トークの扱いみたいです。
もちろん、通常のLINE@と同じく友達追加時、自動応答とかキーワード応答もカウントされません。

勉強会でも運営の人が言ってたことなのですが、50人上限のままでも5万~10万円を稼ぐ仕組みは作れるので、まずはそこで感触を確かめてくださいとのこと。

ほんと、その通りだと思う。

LINESTEPは、初心者でも稼げるようになる魔法のツール?

LINE@アカウントに友達追加してもらうところで、何をどうしたらいいのか、誰に告知すべきか?がわからずに、困っている0→1のひとは、まだLINESTEPの導入は早いです。

説明会でも言及がありましたが、あくまでも「LINESTEPは、1→100にするためのもの」だから。
「ツールさえあれば稼げる」と思ってる0→1段階のビジネス初心者には、LINESTEPは無用の長物です。

なんせ、デモアカウントから本番アカウントに変えたら、LINESTEPの月額利用料の他に、LINEに対して月額2万1600円32,400円(税込)を支払わなければいけなくなります。※プロ(API)プラン必須のため

毎月、かなりの支払いが発生しますので、もともと、リスト持ちのひとがLINE@をさらに導入するときに使うべきツールだということです。

リスト取得のやり方もわかっていないビジネス初心者が手出しすべき値段ではないです。買い切りツールじゃありませんのでね。

リアルの説明会では、どうやってLINE@の登録者を増やすか?についても言及があるそうなので、時間と場所のご都合がつく方は、ぜひ、ご参加くださいね。

詳細はコチラをご確認ください
※参加無料です

「会社/事業者未設定のLINE@アカウント」について

LINE BUSINESS CENTERにに登録したのが古すぎたのか、いつも使っているアカウントは「会社/事業者未設定のLINE@アカウント」とのことで、LINE BUSINESS CENTERからは新規のLINE@アカウントが作れませんでした。

すべてのLINE@アカウントを事業者のアカウントにひとつひとつ移動させると、「会社/事業者未設定のLINE@アカウント」は自動的になくなります。

おまけ:会社/事業者未設定のLINE@アカウントから、会社/事業者設定する方法

「会社/事業者未設定のLINE@アカウント」のアカウントリストから、移動させたいLINE@アカウントの名前あたりをクリックすると詳細画面に入ります。
その下に「Messaging APIを始める」ボタンがあるので、これを押下。

この画面が出たら、事業アカウントを選んでください。そのあとのMessagingAPIの設定はしません。

1度きり!しか変えられないし、戻せないので、ラインステップの評価が終わるまではアカウントを移動させるのはやめておきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コンたま編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • かつぐ神輿を間違うな

  • アメブロで売上を加速する唯一の方法

  • facebookで「もっと見る」にならない文字数は?

  • facebookの効果的な使い方、チラ見せ

関連記事

  • 【2017度年版】LINE@まとめ