1. TOP
  2. メルマガ・バックナンバー
  3. かわいそうなひと

かわいそうなひと

琉海です。

世の中に、かわいそうなひとなんて、居ないなぁと思うのです。

先日、追伸欄でも書いたのですが、たまたま、和佐くんと駅で会いまして。

和佐くんのことはご存知だとは思いますが、事故で頚椎骨折したことで、首から下は自由には動かせず、車いすに乗っています。
今回は、和佐家三男のクリボー(Anomalyネーム)が引率してました。

んで、乗り換え駅までの10分ほど、車内で和佐くんと世間話をしてたんですね。

最近、何をしてるの?とか、
和佐x木坂ラジオってどこで録音してるの?とか、
まだ、ガラケーなんだねw とか。

そしたらさ。

そんなに人数も居ない車両内なんだけど、なーんか、刺さるわけですよ。

・・・視線が。

もしかしたら、和佐くんのことを知ってて、声をかけられないひとたちだったのかもしれないけれど。

(あれ?もしかして、わたしの格好がおかしかった??ドすっぴんだったけど・爆)

っていうか、
おばさんが普通に車いすのひとと話してるの、
そんなにおかしいこと?

「障がいを持つ人は介護のひととだけ、しゃべっていい」っていう法律でもあったっけ?

和佐くんに会うたびに、思うのだけど、

かわいそうなひとなんていない。
自由じゃないひとなんていない。

そんな風に感じるのね。

事故で動かなくなったのは、しょーじきいって、
自業自得なので、どうしようもないじゃん。

本人もコレは何度も言ってることだよね。

でもさ、
自分で自分をかわいそうと思うかどうかは、自分で決められる。

そして彼は、和佐家の経済的な大黒柱であり、お金も時間も距離も、自由だ。

飲んで、食って、寝て。稼ぐ。本当に、自由だと思う。

じゃぁさ、
五体満足で、心身共に健康な【ほとんどの人】はさ、

かわいそうで居られるはずもないし、
自由じゃないわけがない。

・・・でしょ?

そもそも、
かわいそうな人間なんていない。
自由じゃない人間なんていない。

不自由の檻に自分を閉じ込めるのは、何不自由なく動けるはずの自分自身だなぁと
和佐くんに会うたびに思うのでありました。

琉海でした。

追伸>

ラブレターみたいになっちゃったねぇ
(//∇//)

でも、和佐くんはどうやら巨乳好き&面食いなので、
残念ながら、ちっぱい&おばさんの私は対象外よ?

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

w3e6a5d8m4in

この人が書いた記事  記事一覧

  • 売るプレゼンの特典ページ

  • かつぐ神輿を間違うな

  • アメブロで売上を加速する唯一の方法

  • facebookで「もっと見る」にならない文字数は?

関連記事

  • ビジネスに必要な4つのタイヤ

  • 「売る」ことへの抵抗感を払拭する方法

  • デバイス・ディバイド

  • 1円でも高く売ることを考える

  • 売上げを作ることができるひとになるために

  • アクセスがあるブログの作り方