1. TOP
  2. マーケティングってなぁに?

マーケティングってなぁに?

琉海です。

この話の続きです。

お金を稼ぐというのは、他人の財布からあなたの銀行口座へ資金移動すること。
このとき、商品・サービスと引き換えます。

商品・サービスが売れる仕組みづくりを、マーケティングといいます。

2016-08-21 03.43.42-1x1024
製造業を前提にすると・・・

”マーケティングは顧客の潜在欲求を感知して、製品の最終市場までも射程におさめながら、製品の個別市場を創造していく企業活動です”
~マーケティングの知識/田村正紀 著 p11~

  • 潜在欲求を企業側が先に感知して
  • エクジット(出口)戦略も考えながら
  • 市場(マーケット)つまり、顧客を創造していく

このプロセスそのものが、マーケティングである、ってことですね。

マーケティングという言葉は、まだ、あいまいなもので、そのものずばり!で言い表せるものではないです。経済学者とか、マーケッターとかが必死で定義づけようとしているけれど、まだまだ、曖昧で、よくわからない。
わたしにも、ズバッ!と解説ができない。

なので、いくつかの事例をあげていくので、
こういうのもマーケティングっていうんだなぁっていうのを体感して、あなたの頭のなかにある概念を作り上げていってください。

マーケティングは、マーケティングフェーズとセールスフェーズに分けることができます。

1.マーケティングフェーズでは
潜在欲求を、企業側が先読みして、需要喚起し、「買いたい!」って思ってる見込み客の行列を作ること

2.セールスフェーズでは
実際に、ショッピングカートや決済システムをそなえて、金銭のやりとりをしたり、「えいや!」最後のひとおしをする

そういった意味では、購買意欲の高い見込み客を販売ページへと連れてくることそのものが、マーケティングの主たる目的になります。
もちろん、出口も視野にいれながら・・・

目的なので、それを達成するための手段がたくさんあります。

1.キャラクタービジネスで、「あなたもわたしのようになれます!」って、人を呼ぶもよし

2.あくまでも実績おしで、「うちに仕事を任せないなんて、バカです」ってやってもよし

ビジネスにおける正解はなくて、「企業にとって、一番無理がない状態で続けられること」が最適解です。

なので、個人ビジネスにおいて、もっとも手っ取り早いのはキャラクタービジネス(セルフブランディングともいう)です。
なぜなら、マーケティングの本質は、「うらやましがらせること」だから。

この商品を手に入れさえすれば、こんな生活が待ってますよ!っていうアピールを、テレビショッピングでもよく見るでしょ?

フローリングの床をクイックルワイパーかけんの、めんどくせーなーって思ってたら、ルンバっていうお掃除ロボットがありますよ、と。
おでかけしている間にも細かいゴミやほこりを集めておいてくれて、勝手に、自分で充電器におさまります。たまに、部屋の中で遭難して「笑い」も提供します。

そういうのを見せられちゃうと、ルンバがいる生活がうらやましい!んですよ。今の自分にはないものだから。だから、ソレ欲しいよ!!ってなるわけですよ。

・・・それがいい!って思う人にとっては。coco

細かいゴミが気にならない人は気にならないし、
ルンバがお仕事するために、あらかじめ部屋のデコボコを減らさなきゃいけなくて、それが面倒なひとは、買わない!!ってなるし
機械ががんばってる姿を見ても、癒やされないタイプのひともいる。

そこはさ、プロダクトが持つ価値観を押し付けてもしょうがないわけですよ。
でもね、ルンバが居る生活がいいよ~っていうのは、手を変え品を変え、伝えることができる。それいいね!が広まれば、販売台数も増える。

んでね。

この商品・サービスのココがいいんですよ、とか、製品概要やスペックを伝えようとしたところで、難しい。差別化ができないから。
製品概要やスペックには、うらやましいと思ってもらえるポイントが少ないんです。よっぽど、プロ仕様のハイレベルなものでなければ。

オーディオ機器がそうですよね。

大抵の人はね、スマホで十分なんですよ。音楽を同期させて、通勤や通学途上で聞ければいいの。
でも、プロレベルでこだわり持ってると、家にハイエンドな音響機器を取り揃えることになるわけです。そういうひとたちはね、スペックの微差に萌える。欲しくなる。
でも・・・それ、顧客の母数が少なすぎる。個人ビジネスで狙うべき市場ではありません。

個人(キャラクタービジネス)って、はじめっから差別化できちゃってるんですよ。もう、ネーミング(名前)からして違うし。
その人個人を表に出すだけで、ユニークな存在なんです。だって、地球上にはその人しか居ないのだから。

なので、あなたがよく目にする「稼いでいそうだな~」ってひとの発信をよく見てください。

お金を稼ぐ系の商品・サービスを売ってるひとは
「お金稼いだら、こんな生活できますよ!」っていうのを選択的に見せています。

具体例は、バックナンバー非公開の個人メルマガ「3行スパイ」で。

琉海でした。

琉海の個人メルマガ「3行スパイ」登録はコチラから

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コンたま編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • facebookで「もっと見る」にならない文字数は?

  • facebookの効果的な使い方、チラ見せ

  • お金を稼ぐのが面倒くさい

  • 過去にやって挫折したことも、今なら・・・

関連記事

  • 教材読むのも、大変よね・・・

  • メルマガなんて、古い!?

  • 去年末は、借金かかえて暗い気持ちでした

  • 情報発信(JH)ビジネスに向いてるのは・・・

  • あなたが本当に望んでいること

  • YouTubeにアップする動画は何にする?