1. TOP
  2. 1円でも高く売ることを考える

1円でも高く売ることを考える

琉海です。

できるだけわかりやすい解説を心がけたつもりだけど、サラッと読んだだけじゃわからないことやニュアンスも伝わらないと思うので
ぜひ、何度も読みなおしてみてくださいね。

・・・

機能的価値と、付加価値の話をこのところお伝えしています。

参考: https://wecanchangetheworld.jp/1629.html

こと、スタートアップ(起業)の段階においては
自分が値付けできる!と思う金額よりも、高く設定することを心がけてください。

一番、マネタイズまでの期間が短くて済む、セミナー講師業を例にしてお話しをしますね。

もちろんね、セミナーを1回3000円でやってもいいんだよ。
それで、なんとか20名を集客できたとして、6万円の売上げ。

そこから、会議室の代金を差し引いたら、安いところでも半日で1万5000円するから、手元に残るのは4万5000円ね。

※公共の会議室は安いんだけど、直前だと、なかなかとれないからね

これが、集客やコンテンツ内容に腰が引けて、2名のコラボセミナーだった場合、利益を折半して2万円じゃん。

1日の稼動で、これだけ稼げたら御の字だろうけど
セミナー準備やら、集客やら、なんやらで、すでにコストや労力はかかってるので、なんだか、損した気分になるじゃない?

何のためにやってるんだろう?

ふと、われに返っちゃうと、とたんに、ヤル気なくなっちゃうんですよね。

こんなに苦労したいのか?とか、自問自答したりして。

楽して稼ぎたかっただけなのに、
苦労ばっかりで、そんなに稼げもしない。。。

ちょっとやろうとして、やめていくひとの典型的なパターンの考え方です。

セミナー講師を事例にしましたが、これ以外でも、同じことは起きますからね。

んでね、さっさとあきらめてやめてしまうとか、ヤル気がなくなるのは、何がポイントだったか?っていうと、

はじめてやることだから、手順を身をもって知るための修行のつもりだったのに、
途中の準備段階で、
「こんなに頑張ってるんだから稼げないと釣り合いがとれない」って
自分で、目的をすり替えてしまったことです。

すり替えてしまったことに、自分で気づいていないのが、一番の問題です。
つまり、当初の目的や目標を忘れてしまったこと。

きちんと、終わらせていないということ。

こういう【未完了】が、つもりつもって、あなたやわたしを作っています。

お金を稼ぐことを目的としているのであれば、1円でも高く売ることを考えてください。

逆に、セミナー会場費や、セミナー当日の自分の交通費や飲食代さえ出ればいいのであれば「1円でも安く」の価格設定にすればいい。

目的によって、金額設定って変わるということです。

簡単にいえば、稼げなくてもいい趣味のレベルなのか、
生活費が稼げるくらいの本気の事業なのかってことです。

セミナーをやる目的が、まったく違うでしょ?

目的が違えば、そもそもの意識も違うし、取れる手段も違ってきます。

趣味だったら、「まぁ、5名も参加申し込みがあったから、良しとするかぁ」ってなるけど
事業だったら、「20名の着金するまで、しつこく!しつこく!!告知や個別連絡を続ける」でしょ。

そういうことだよ。

20名の着金するまで、告知や個別連絡を続け・・・られないひとは、正直言って、本気の事業とはいえないよね。。。

ここでは、良い・悪いの話をしてるんじゃないからね。
趣味レベルの取り組みで、いいっていうひともいるからね。志が低い?からって、誰も責めないし。

今、本気で取り組めないってことは、もうね、無意識の自分が、「今は、ソレで生きていくのを拒否してる」といっても過言ではない。

そして、未来のことは、わからない。
これも覚えておいてね。
今は本気で取り組めなくても、あるとき、本気で取り組む日がくるかもしれないってこと。

できるだけわかりやすい解説を心がけたつもりだけど、サラッと読んだだけじゃわからないことやニュアンスも伝わらないと思うので
ぜひ、何度も読みなおしてみてください。

以上。琉海でした。

前にも、雑貨屋さんを事例に、価格設定について書いた記事があるので、こちらも合わせてどうぞ

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コンたま編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • かつぐ神輿を間違うな

  • アメブロで売上を加速する唯一の方法

  • facebookで「もっと見る」にならない文字数は?

  • facebookの効果的な使い方、チラ見せ

関連記事

  • ひとりめのお客さんをとるために

  • ネタはある&教材がないときに、どう稼ぐ?

  • 仕事がデキるひとの特徴

  • アウトプットがつまらないものになってしまうとき

  • あなたが本当に望んでいること

  • JHビジネスの全貌