1. TOP
  2. 良い商品なのに・・・売れない

良い商品なのに・・・売れない

琉海です。
今回はちょこっと、商品開発とかマーケティング(販促)についてのお話をしますね。

ある方がいました。

シャンプーとか、コラーゲンゼリーとか基礎化粧品とか、サプリメントとかを扱っています。

※よく、引き合いがあるんですよ・・・困ってるんですけども

原料にもこだわって、商品にかける志も高く!そして
原価を最大限とって、収益はあんまりとらないようにしている・・・

それが、お客様のためだと思って。

でも、その結果。

不良在庫だけ、かかえてしまうことが多いんですよねぇ。

ダンボール何箱も作って「売れない!」って理解しちゃったあとに、
相談にこられても、何もできないことが多いですよ。

売れないものを売り切るってさ・・・ほんと、ウルトラCの荒業で、正直、だれも実現できない。
最悪は、タダ同然で、ディスカウントショップやリサイクルショップに買い取ってもらうか、
ブランドや名誉を守るために、ひっそりこっそりと廃棄処分して「痕跡を消す」しかないわけですよ。

それでなくても、デジタル商品じゃないので、ブツを置いておくだけで倉庫費がかかる。
つまり、保管してるだけで間接費(つまり負債)が増えていくのだから。

しかも消費期限があるから、刻一刻と、状況は悪くなっていく一方です。

ご相談あっても、その後のあれやこれやツメたりで、売れはじめるまでに最低でも三ヶ月くらいかかってしまうので、
この三ヶ月の間は、まったく売上げをうまないわけですよ。在庫商品たちは。

・・・ということは、ですよ。

そうした商品って、工場ラインで製造された時点で、ほぼ、成否は決まってるわけですよね。

成否っていうのは、売れるか?売れないか?ってことです。

「良い商品なんです!」っていうのは、よくいわれるんですが
よく、考えても欲しいのですが、

良い商品なんて、この日本では「当たり前」

なんですよ。

ってことは、
良いどころじゃなく、「めちゃくちゃいい!」商品じゃないと、
他の「そこそこ、良い商品」との差別化はできない。

スーパーに並んでるシャンプーとか、めっちゃ安いし、ちゃんと泡立つし、なんせ、いつでも買える便利さもある。

サプリメントにしても、DHCやファンケルので、よくない?

大多数のひとは、そういうもんじゃないですか。
だからこそ、大企業は「そこそこ良い商品」を大量に日本全国のスーパーに陳列する。

じゃ、中小零細企業や個人事業主がそういった一般消費財系のものを売りたいときに、同じ価格でやっちゃ、ハナから負けるのわかってるじゃないですか。

ネットスーパーもあるから、普通のシャンプーだって、インターネットで買える時代なんだし。

ということは、ですよ。

大企業のうわっつらだけを真似してはいけないってことですよ。

大企業みたいな価格設定や商品コンセプトにしてはいけない、ってことです。

だって、大企業みたいな販路に乗せられない時点で、同じ土俵には乗ってないのは明白だから。

販路あってこその価格決定(おおむね、安い)をしているのであって、
販路が、口コミや通信販売、ネット通販であれば・・・別の価格設定基準があると思いませんか?

「アルガンオイル配合のノンシリコンシャンプー 700円」とか、そういう商品を扱おうとした時点で、そもそも、負けは確定しています。

個人的に、一番!儲からないよな~って思ってるのは「雑貨屋さん」ね。

300円の商品を買ってもらって、原価率80%だったとして、差益60円でしょ。
月20万円のテナント料を支払うために3333個売らないといけないわけ。

ひとりが1回につき3個買ってくれるとしても、1111名の集客が必要。
店舗の月間営業日が20日だったとして、買ってくれる客が55名。

甘く見積もって、店に入ってきた半分が買ってくれるとしたら、お店の中に、営業日は毎日110人が入ってこないといけない。
9時~19時で営業してたとして、10時間で110人だから、1時間あたり11名が来店してくれないといけないわけですよ。

もー、どんな人気の300円ショップよ!って話で。

しかも、今はテナント料だけの話なので、
アルバイト複数人に月総計20万円支払ってるとしたら、2倍の、1時間あたり22名の来店がないと、店の維持すら難しい。

ひっきりなしに、人が出入りしますよね。
3分に1回は、来店したひとが入れ替わってるのだから。

・・・もうね、わかりますかね?

特に、固定費のかかる事業、店舗業とか、在庫をかかえてしまうものとか・・・
どんどん、ビジネス成功の難易度はあがっていきます。

そして、低単価の商品だと、営業利益を出す=稼ぐことは難しい。

大企業だから、低価格でも何十億円と売ることで、なんとかなるんです。
そういう仕組みになっているから。

逆に、中小企業、個人事業主であればあるほど
利益確保のために、高単価のものを扱わないといけないんですね。

そこで、一番、大事な考え方があって・・・

長くなったので、続きは次回に。

琉海

追伸>
最近、キャチザウェブさんのオウンドメディア構築塾で
ごにょごにょ楽しんでおります。

やっぱ、ブログが好きやわ~

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コンたま編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • かつぐ神輿を間違うな

  • アメブロで売上を加速する唯一の方法

  • facebookで「もっと見る」にならない文字数は?

  • facebookの効果的な使い方、チラ見せ

関連記事

  • 文章が書けない!ひとへ

  • もう、買いました?

  • コメントで存在感を出す方法

  • もうかる、という漢字が示すこと

  • 人は、一度は叩かれる

  • ブログに勝手にアクセスが集まる方法