1. TOP
  2. なぜ、好かれる文章が書けたほうがいいのか?問題

なぜ、好かれる文章が書けたほうがいいのか?問題

琉海です。

好かれる文章の書き方をマスターする道をえっちらおっちら、歩いております。

この本読みながらね・・・

bewコンテンツ・マーケティング64の法則

64個のチェック項目と、なぜそれが必要なのか?が細かく解説されてます。

先日、自分のkindle書籍を出そうと思って、バーッ!!と書き散らかして、ほとんど原稿はできたんですが、
この本を読みながら、(心で泣きつつ)修正をしています。

章立てがまったく同じなのに、書いてる中身は総とっかえになりました・・・

第一稿の、いつもの「金城節」はなりをひそめ
第二稿は明らかに!まろやかになりました。

これは、好かれるね~ ※自画自賛

いや、せっかく有料で販売するので、もうちょっと、長期的な目線に立って「文章での関わり」について、対策してみたわけですよ。

文体のビフォー&アフターについては3月24日あたりに、限定メルマガで公開しようと思っています。

お楽しみに♪

そういえば、「伝え方が9割」っていう本もあったけど、まさしく、そのとおりだなぁと、なんだか腑に落ちた感覚なんですよね。

「コンテンツ・マーケティング64の法則」に書いてあることのおかげで、わりと具体的なアクションに近づいているのでわかりやすいです。

同じことを伝えるにしても、伝え方ひとつで、相手の受け止め方が変わります。

自分が得意で好きな文章スタイルが、万人受けするわけじゃないっていうのはわかっているのですが
(ずいぶん、メルマガ解除いただきましたw)

信念あってのことで、それがうまく伝わらなかったのも原因だと思ってるのだけど

嫌われるにしてもですね、嫌われ方ってもんがあるよなぁ~って、しみじみ思います。

なぜ、好かれる文章が必要か?

もう、これは簡単で。

好きな営業マンからは買うこともあるけど、
嫌いな営業マンからは買うことは、絶対ない!
からです。

わかっていたなら、
マイナス要因は、さきにつぶしておく。
せめて、プラスマイナス0に。

たとえば、無精ひげの保険営業マンなんて居ないんですよね。

第一印象って、その後も決めてしまうので、とても大事なことだから。

ブログやメルマガでもそう。

第一印象が、

1.とっつきにくい
2.こわそう
3.なんとなくイヤだ

・・・これだとね、

オンラインコンテンツ、つまり、ブログもメルマガも、継続して読む気になれない。

※もちろん、自戒をこめて書いてますよ!

うーん、やらかしまくったな~と、そんなわけで、文章のクセを改造中です。

エッヂが立てたくて、言いたい放題の普段のわたしのそのままを文章表現していたわけなのですが
これって、「ありのままのわたしをみて!」的な、まったくもって、自己都合のおしつけだったなぁと。

やりようがあるでしょ、と
もっと良いやり方があるでしょ?って
ようやく自分で気づいたのでした。

多分、これまでにもいろんなひとに言われてたんだろうけど、ぜんぜん受け取れてなかったなぁ。

書籍って、いろんな示唆を与えてくれるけれど、今回は、具体的なアクションにつながる良い本でした。

表現を変える前と、変えたあとで、どんな結果になるのか、今から楽しみです。

わたしが何を読んで、どうしようとしてるの?が知りたくなったら、こちらの書籍をぜひ、ご購入くださいね

>>コンテンツ・マーケティング64の法則の購入はコチラから

2016-03-03 08.40.10x1020

琉海

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コンたま編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • モチベーションの波を乗りこなす方法

  • 自燃の人、他燃の人

  • 意識高い系とエンジン性能

  • 「検索の限界」のハザマに

関連記事

  • 「起業ごっこ」になってしまうポイント

  • こっちが、聞いてるのに!!!

  • 好きなことを仕事にできるか?

  • リストなんて、いらない!?

  • あとは運で。

  • いつのまにか起業していたの・・・の意味