1. TOP
  2. メルマガ・バックナンバー
  3. アフィリエイターが「職業」になる日

アフィリエイターが「職業」になる日

12642945_1047137635333027_8101244550599516642_n

琉海です。

2月7日に、BRIDGEクラブの最終セミナーがありました。

そこであった話を、シェアしますね。

お問い合わせがあったのですが、BRIDGEクラブは、募集停止しております

NHKで、アフィリエイト講座の番組が放送されたそうなんですね。

ネット検索しても、それっぽいのが出てこないので、紹介ができないのが残念なのですけれども・・・

で、ですね。

BRIDGEクラブのメイン講師 小山さんが、その番組の担当ディレクターさんと、すでにコンタクトがとれているとのこと。

ここらへん、ほんと、小山さんの人脈つなぎのミラクルが発揮されてるな~って思います(^^

ネット検索してみると2004年にもアフィリエイトに関する放送はあって、
そこから12年、
途中途中で、ドロップシッピング詐欺など注意喚起するものはありましたが、
大々的に取り上げることはなかったようなのですね。

とうとう、アフィリエイトが全国区になるのか、と。

わくわく♪ しております。

というのもね。

今、人口オーナスやメディアの老後不安をあおる報道で、日本での経済規模は縮小傾向にあります。

もともとの出生率の低さは言わずもがな、働く世代の人口が増えていないのだから、経済成長はないのは当たり前のことなんですね。

逆に言うと、
戦後の「団塊の世代」が成長とともに活発な経済活動を行い、バブルと呼ばれた好景気があったんです。

安倍政権の一億総活躍時代っていうのは、「老後」という概念をぶっとばして、労働生産人口をそのままで推移させようっていう、メッセージなわけですよ。

簡単にいうと、「労働からは、卒業させないぞ」ってことです。

死ぬまで働けってことです。

・・・働きますけどね、わたし。いわれなくても。

話がそれたので、戻しますが、

景気縮小にともなって、各企業も広告予算を十分に確保するのが難しくなってきています。

そこで!目をつけているのが、アフィリエイターの存在です。

なぜなら、
完全成果保証で、商品を売ってきてくれるフルコミッションの営業マンだから、ですね。

採用教育費がかからない。もちろん、営業経費がかからず、これにまつわる管理費すらもほとんどかからない。

購買に対して、紹介手数料を支払えばいいだけなので、企業にとっては、とても便利な存在です。

ひとつの象徴として、
前からお伝えしている再春館製薬所のドモホルンリンクルのアフィリエイト解禁でしょう。

テレビCMもバンバン!やっていて、誰もが知ってるブランド商品です。

無料のお試しセットを紹介するだけで、けっこうな額のアフィリエイト報酬がもらえます。

もともと、化粧品通販のノウハウがあるので、アフィリエイトにも親和性が高いからでしょうが、それでもですね、

すんごい!画期的なことなんですよね。

だって、ただの一般人が、企業でもないのに、
一流ブランドの商品を扱えるって、なにごとか!?って感じですよ。

これまでの、アフィリエイトASPで扱ってる商品って、「そんなの、誰が知ってるの?」っていうニッチな商品が多かったんです。

だからこそ、インターネットを使って、販路を開拓していました。
アフィリエイターはその手伝いをしていました。

もちろん、市場認知はあまりないとはいえ、誰かの不満を解消する素晴らしい製品だからこそ、販売しているわけですから、ブランド名がないからって、
 売ってはいけない
 売れてはいけない
ということではないです。

でもやっぱり。

大手ブランドの商品を扱いたいじゃないですか><

そんなわけで、

画期的なことが今、起きはじめてるんだよ!っていうのをお伝えしたいのです!!

ちなみに、企業とアフィリエイターをつないでくれるアフィリエイトASPは、株式市場に上場しているところもあります。

【東証一部上場】
バリューコマース

【東証マザーズ】
アクセストレード
JANet
アフィリエイトB
レントラックス(クローズドASP)

【JASDAQ】
A8ネット

インフォトップも、上場目指して別会社をM&Aして、社名をファーストペンギンに変えてますよね。

こうして、社会信用も徐々に上がってきている中で、NHKでの放送でしょ?

もう、一般認知もかなり進んでるわけですよ。
そこへ来て、大手ブランド企業の参入。

これはもうね・・・

アフィリエイト、やるしかないなー!

って、思いませんか?

フルコミの営業マンとはいえ、
肉体労働というよりは、知識労働ですから、肉体年齢が進んで、動かしにくくなってもパソコン前で、カチカチ!って作業することは可能なわけですよ。

もちろん、年齢制限などもありません。

死ぬまで働けるし、残したサイトは、相続税のかからないビジネス資産です。

折角、ごく普通のひとたちよりは早い段階で「アフィリエイト」を知ってるわけですから、今のうちに、取り掛かりましょう!

今だったら、コレを採用するの、めっちゃ!いいと思う。

琉海

追伸>

そういえば、サイトアフィリエイトに関する情報提供のメルマガは、予告どおり、募集受付終了しました。
218名の方に、ご登録いただきました(^^
はじめの何回かは、すでにお伝えしたことのおさらいとなってますが、しばらくしたら、新しい内容にしてますのでお楽しみくださいね

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

w3e6a5d8m4in

この人が書いた記事  記事一覧

  • 売るプレゼンの特典ページ

  • かつぐ神輿を間違うな

  • アメブロで売上を加速する唯一の方法

  • facebookで「もっと見る」にならない文字数は?

関連記事

  • 「起業ごっこ」になってしまうポイント

  • ノウハウコレクターも悪くない

  • ネタ切れ解消法

  • いうことをきかないひとって、実は○○なひと

  • ビジネスの足し算と引き算のこと

  • 究極のビジネスモデル