1. TOP
  2. いうことをきかないひとって、実は○○なひと

いうことをきかないひとって、実は○○なひと

Dollarphotoclub_78736841_1020

琉海です。

普段は、自分のことはあまり書かないのですが、面白いフィードバックをいただいたので、このブログをお読みの方にだけ、こっそりとお伝えしますね。

知っちゃうと、ホント、どーしよーもない自分と向き合うことになるので、覚悟して、読み進めてください・・・

っていうか、嫌な予感がするひとは、読まないほうがいいかもしれない。

さてさて。

先日、Facebookに「どうやら、わたしは、ひとのいうことをきかない女らしいと気づいた」と
愚痴というか、自分で自覚した話を書きましたらば、友人たちから、さまざまな慰めをいただきまして・・・

ありがたいなぁと思う反面、なんだかフクザツな気分でございました・・・実は。

自分では素直なつもりなのですが、
「素直さが足りない」といわれることもあるし、

はっきりと口で言わないとしても、
(あ。今『こいつ、頑固だな』って思ったな)っていうのは、顔を見てりゃ、わかります。

んで、昨日はですね、ブログコンサルのモニターをやってもらっている、宮ちゃんと、北新地でビジネスランチをしていました。

宮ちゃんは、北新地にある天下一品(らーめん)の上の階で、エンカウンターという名前のバーを経営しているのですが、まー、面白いひとでね。

▼みやちゃんねる
http://miya-channel.com/

そんな彼から、もらったフィードバックが非常に、面白くて。

なんか、他人のアドバイスが素直に受け入れられないんだよねーっていう、話をしましたらば
「それでいいんだよ」と。「伸びる!」って

なんで?ってきいたら

「もう、答えがあるってことでしょ」

おぉ、そうですそうです。

自分なりの考え方、あるべき姿っていうのが、ぼんやりながらも頭の中にあって
それを、誰かが言語化してくれたとき「それそれ!!」ってなって、素直にアドバイスをきいてる状態になる。

ところが、
自分が持ってる答えとは別のものを提示されたときに(いやいや、それちゃうねん)って、素直に受け入れていないんですよね。
これを、「頑固だ」と表現する人も居る。

要は、素直なんですよ。自分の思ってることに対しては。
ここは、間違いがない。

ただ、自分の思いに素直にしているから、
他人のアドバイスを受け入れていない状況も発生する。

どっちも、きっと正しいんです。

自分は素直だ、って定義していることも、
他人からすると「アドバイスを受け入れない頑固なやつだ」って思われたことも。

ちなみに、アドバイスする側にも、問題ありだと思うのw

それこそ、自分の思いや考え方だけを相手にぶつけて、きくフリもしなきゃ、やりもしないのを、「せっかく、アドバイスしたのに素直じゃない」って、相手のせいだけにするのは、よくないね。

相手の話を、ちゃんときいてからアドバイスしたの?
置かれている状況はわかった?
よく知りもしないのに、勝手な押し付けって、迷惑御免だよね。

※ここらへん、生意気っていわれるゆえんだな・・・3歳になる前には発揮してた

他人からのアドバイスを「素直に受け入れたフリ」もできずにいるくらい、不器用なだけ。
っていうか、どうせ受け入れてないんだから、やりもしないので、アドバイスは無駄なんだけどね・・・

で。

どっちも正しいし、どっちも間違ってるわけですよ。

自分の思いに素直でいるがために、他人の意見を安易に受け入れないのに、
それでも、不安で他人の意見をきこうとするひとが多いし、

こいつ頑固だなって決め付けて、ポイッと捨てて、
いうことよくきく「かわいいやつ」だけを手塩にかけるのも間違ってる。

素直なやつは、かわいいよ。
でもさ、いつでも素直にいったことだけきいてるやつって、ただの使い走りじゃん。

日々、素直にいうことをきくように、アタマ使わないように調教してんのに、「あたま使え!」って、理不尽なことを言ったら、そりゃ、ダブルバインドになって、ますます、素直で「言ったことしかできない」やつができあがるのは当たり前。

じゃ。どうしたらいいか?

自分の思いに素直で、他人の意見を安易に受け入れないひとに足りないのは、
不安から抜け出して、行動する勇気。

素直に他人にいわれたとおりにしかできないひとに足りないのは、自分の考えを持つこと。
成育の過程で放棄させられてるひとも多いからね・・・

結局さ、自分の考えていること、思っていることをちゃんと把握すること、が大事なんですよね。

こういうとき、
瞑想とか、自分を知るためのなんちゃらワークっていうのが
有効なんだろうね。

ま、まずは

【不安に思ってる】ってことを、認めることから。

そして、不安を乗り越えるために勇気をかきあつめていて、それが「知識」ばっかりになってるひとが多いのだけれど

※たぶん、ノウハウコレクター(=情報資産家)って呼ばれる人

もうそろそろ、行動で「知識を経験に」変えていい時期です。

不安の正体は、
もしも失敗したらどうしよう?ってこと。

もしかしたら、自分が壊れてしまうかもしれないし
失敗を知られたら恥ずかしくて生きていけないって思ってるかもしれないけど、
それって、自分の強さを信じてないってこと?

でも、絶対に壊したくない!弱くて高いプライドだけは、意地になって!守ってるわけです。そこは、守る「強さ」を発揮してる。

滑稽だよね。

でも。やってみないとさ。

本当に、自分が壊れてしまうのか?とか
本当に、失敗したことをを知られたら、生きていけないのか?とか

本当のところは、わからないわけじゃん。

最近、「もう、失敗してもいいじゃ~ん」って思えるようになったので、失敗体験をいっぱい集めよう!と決意を新たにしたのでした。

だって。

数少ない、小さな成功しかしてないのを、必死で守って、年取ってから「あのときは~」って、延々、同じ話しかできない、さびしいおじいちゃんやおばあちゃんになるよりも

失敗も成功も含めて、話が尽きないひとのほうが、絶対に魅力的じゃん。

それって、今の小さな自分を守ってるだけで、安全ばっかり求めて、ほとんど何もしてないのだったら、なれない姿だからね。

ともあれですね。

自分の思いに対して、素直なのは誰もが同じなんだと思います。
他人のアドバイスは受け入れない!っていう思いに、素直でいるだけ。

ただ、まだ見ぬ不安にとらわれて、自分の可能性に自らでフタをしてしまっているのも、間違いなく自分。

そんなわけで、宮ちゃんのアドバイス(というか指摘)を受けて、「とにかく、行動あるのみ!」を、心に誓ったのでありました。

あとは、スピード!スピード!!スピード!!!

琉海でした。

追伸>

今期のテレビドラマは、なぜかハマってしまい、「偽装の夫婦」を見ています。

気持ちを認めるのもつらいし、本音って、伝えるのも大変なんだよね。

なんか泣けちゃう
。゚(゚ノД`゚)゚。

なんだかんだいって、
好きだから、嫌われたくなくて、言えないの。

でもさ、それで嫌われて去られるくらいなら、
それまでの関係だよね、とも思うのだった。。。

追伸2>

なお、頑固さのモトは、
親からインストールされた言葉だったりもするので
(要するに、借り物の概念の可能性が高い)
見直すのいいですよ。

先日、自分史のワークショップのファシリテートをやったら、ぶわぶわ出てきて、たいへんでございます・・・

ひとは、悲しみや寂しさを隠すために怒ったり、してるもんです

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コンたま編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • かつぐ神輿を間違うな

  • アメブロで売上を加速する唯一の方法

  • facebookで「もっと見る」にならない文字数は?

  • facebookの効果的な使い方、チラ見せ

関連記事

  • 【再連絡】和佐x木坂ラジオの書き起こしPDF(&音声)できました

  • アウトプットがつまらないものになってしまうとき

  • やっぱ、バレてた?w

  • メルマガ以外のプッシュ型メディアは?

  • ナメられてることに気づいてないのかな?

  • 無料オファー案件で稼ぐときは・・・