1. TOP
  2. メルマガ・バックナンバー
  3. こっちが、聞いてるのに!!!

こっちが、聞いてるのに!!!

琉海です。

先日、お伝えした「コンサルは、○○じゃない」が反響が多かったです。

感想いただけると、ほんと、うれしいですね(^^

いただいた感想メールを、ご紹介します。

金城さん、こんにちは!
今回のメルマガ、とても心に刺さりました。

現在、ビジネススクールでのコンサルを受けて
6ヶ月が経過しましたが、

受け始め当初は、

コンサルを受けたらやるべきことが見つかるんじゃないか、
とか、
「あなたは◯◯をするのがいいと思いますよ」というアドバイスがもらえるんじゃないか、
とか、淡い期待を抱いていました。

コンサルタントの方は、私の曖昧な相談や質問に、
「さくらさんはどう思います?」
と、質問で返してくることが多く、
その都度、私は混乱してしまっていたんです。

それこそ、
「混乱しないためには、ノートに頭の中身を書き出せばいい」と
アドバイスをいただいてはそれを実行し、

スクールで教わったことを実践していくことで、
だんだん自分のやりたいビジネスがはっきりしてきました。

実践することで質問したいことが出てくるし、
悩みもはっきりしてくる。

そうなって初めて、「コンサルの価値も最大になる」
ということがわかりました。

これから、私はコーチングを主体としたコミュニティビジネスを
していこうとしていますので、
「コンサルをする側」として、今回の記事がとても参考になったので、
感想を送らせていただきました。

いつも、ためになる記事をありがとうございます。

さくらみゆき
http://ameblo.jp/lovelycherry-only/

さくらさん、ありがとうございます(^^

※事前に転載の許可をいただいていますよ!

そうなんですよね~

自分に何がぴったりなのか?を教えてほしくて質問してるのに、「あなたはどう思います?」って、質問返しされると、

こっちが、聞いてるのに!!!って、逆ギレしたくなるんですよねw

それが知りたいのに!って。

・・・でもさ。

自分のことは、自分が一番よく知っているわけで、こういう状態のひとに、コンサルタントができることといえば、

本人が知っているはずのことを、明文化させること

気分や感情で「思っている」ことを、理性で認識させること。

これだけなんですよね。

だから、考えていることを全部、紙に書かせる。

※他にもいくつか、方法がありますよ。

でも、多くの人はそれをやらないので、(面倒くさいからね!)
いつまでも自分のことを知らず、自分の強みも知らず、自分が持っている価値観が誰かに蹂躙されていることも知らず、わかるのは、なんとなくモヤモヤした気分だけ。

なんとなく感じている気分を、テレビ見たり、漫画読んだり、ゲームしたり、暇つぶしすることで、ごまかし続けていると、いつのまにか、年をとっちゃうわけですよ。

さくらさんのようにね、徹底的に自分に向き合って、コアを見つけて、自分らしいあり方、それにあわせたビジネスを自分で持つんだ!ってことにフルコミットできたら、いいですよね。

そういうひとがひとりでも増えればと思って、わたしはこのブログを書いていますよ(^^

さくらさんのブログも、見てみてね
サクラサク~ジリツStyleで毎日を楽しむ~

琉海でした。

追伸>

ちなみに、さくらさんのこと。

ブログタイトルも、ビジネスネーミングも、考え直したほうがいいですね。

顧客心理を読み間違えてる可能性が非常に高いです。

・・・でもま。

さくらさんは今、別のビジネスコンサルタントさんとビジネス構築しているところなので、これ以上は、黙っておきまーす

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

w3e6a5d8m4in

この人が書いた記事  記事一覧

  • 売るプレゼンの特典ページ

  • かつぐ神輿を間違うな

  • アメブロで売上を加速する唯一の方法

  • facebookで「もっと見る」にならない文字数は?

関連記事

  • 売り込みができないんです

  • ノウハウコレクターも悪くない

  • ひとりめのお客さんをとるために

  • ガラホとタブレット、買い換えるならどっちが良い?

  • JHビジネスの全貌

  • どうして、今さらメルマガなの?