1. TOP
  2. 集客やビジネスの共通失敗ポイントとは?

集客やビジネスの共通失敗ポイントとは?

琉海です。

そろそろ、通常運行に戻りますよー。

先月末に、無料セミナー開催させていただいたのですが、このときにいただいていた質問に、順次、おこたえしていきますね。

●集客やビジネスの共通失敗ポイントとは?

ん~と、そうですね。

たとえば、先日(といっても、もう2週間前なのね・・・)、TVのアナザースカイを見ていたときに出演していたのが、インスタアイドルと呼ばれる、MEGBABY(メグベイビー)さんね。

インスタのフォロワー数が60万人をこえるんだそうです。

見た目かわいいし、ファッション系の発信をされてて、注目度が高い!のはわかるのですが

インスタをはじめる前、自分のセレクトショップをやっていて、売上げがあがらずに、お店をつぶしてしまったそうです。

ファッションセンスだって、今とそう変わらないはずです。
彼女の見た目やキャラクターも、そう、変わらないはずです。

でも、ダメだった。

お店をつぶしたあとにインスタをはじめて、いつもの自分を写真に残していたら、どんどんフォロワーが増えて・・・今や、世界中で60万人のひとが見ているわけです。

きっと、今、お店を出したなら、成功間違いなし!ですよね。

で。ここで、大事なのは。

知名度がどうのこうの、っていうのもポイントなんですけれども、

彼女自身を見たくてフォローしている人と、
彼女のファッションを見たくてフォローしているひとの
2種類のフォロワーが居るってことです。

わかりますか?

彼女のことはさして知らないけれど、ファッションが独特で、それが参考になる部分が多くて、彼女の発信(インスタ)を見ているひとは結構いる、ってことです。

つまり、

1.人物そのもの
2.その人が持っている武器

この2つが揃っていると、注目を集めることができるのです。

逆に、注目を集められないということは、見込み客も集まってきません。つまりは、集客ができないということ。そして、影響力も持てないということ。

いくら、誰かにとって注目度の高い発信をできていても、そのひと本人が、いまいちな「ありかた」をしていたら、影響力はあまりありません・・・そこは、すでにクリアしてる!ことにしますよ

ヒーローと武器の関係性
http://ameblo.jp/katoichiro/entry-11350965210.html

※大好きな、いちろーさんのブログ記事。ほんま、おもろい

多くの人は、自分には武器がないと思い込んでいて、「とりあえず」自分を売ろうとします。

自分のネームバリューさえ、先にあがっていれば、モノを売るのに、楽になるだろうと考えているのですね。

たとえば、よくあるのが「ネットで稼ぐぞ、俺!」みたいなブログね。

がんばってる姿を見せさえすれば、ひとがついてきてくれて、応援してくれるんじゃないか?って思うわけですよ。

大きな勘違いで。それこそ、ファンタジーですよ。

応援して欲しい!って思ってたって、誰も応援してくれるわけがないじゃないですか(苦笑)

みんな、忙しいんです。

今すぐ稼がせてくれる情報を書いてあるのなら、読むメリットが明確にあるので、楽しみにブログを読んでくれますが
今から稼ぎます!っていうヒヨッコを応援してくれるのは、ひよっこコミュの仲間内でしょ?

仲間内にも入ってない人が、ひたすら、自分のがんばりをブログに書いたところで、誰の目にもとまらないし、見てももらえないのです。

なので、「名前だけ売っとこう」っていう戦略はナンセンスってこと。

まぁ、逆に言えば、仲間内に積極的に入って、その中で頭角をあらわして、講師にひっぱりあげてもらう!のが、実は、一番、手っ取り早く稼げる方法なのだけど(そして、私は、これをずっとやってきました)多くの人は、高額講座とかには、入らないですからね・・・

そろそろ、本題に戻っていきますね。

集客やビジネスの共通失敗ポイントとは?

武器がないってことですよ。

一撃必殺の武器、必殺技がない。ってこと。

たとえば、インスタでブレイクする前に、経営していたセレクトショップをつぶしてしまった原因は、単なる「ファッション感度の高い女子がやっているセレクトショップ」だったから。

もしかしたら、アメブロとかで入荷情報を書いてたかもしれないけど、アクセスは集まらなかっただろうと思います。

これは、他の人も普通に持っているありきたりな武器で、埋もれてしまっていたのですね。

なので、

1.かわいく自分撮りして、ファッションスタイルを提案
2.伸び盛りのインスタで発信(ブースト)

一撃必殺の武器は1番で(且つ、発信を続けたこと)、最も効果的な場面で使ったからこそ、フォロワーが増えたのですね。

ちなみに、ファッションコーディネートをcroozブログや、アメブロに掲載したとしても、同じように発信力にブーストかかりますよ。参考までに。

そもそも武器がないのに、ビジネスしようとしたって、な~んにも、ならない。

どんな分野でもそうです。

飲食店だったら、「これ、食べて!」っていうメニューが1つあればいい。
わたしは、とりからさえおいしければ、その店にいくw

お洋服のセレクトショップだったら、「150センチ以下。NOT!コンサバ」とか、逆に、「165センチ以上、着丈と袖丈にこだわって選んでます!」とか、
靴屋さんでも、「大人女子のための21センチ以下」とかあってもいい。子ども用のしか見つからなくて困っているひとは多いのです。

特に、スタートアップのときは、

「中途半端になんでもある」よりは、【これしかない】ほうがいいのです。

【これしかない】けど、どんなひとよりも破壊力がある。

これが、集客やビジネスの共通した成功ポイントですよ。

さらに悩ませてしまったと思うので、ヒントを出すと、あなたの武器は、多分、すでに手に持っています。

もしかしたら、足元に落ちているかもしれない。

あなたが、「あるのが当たり前で無視しているもの」こそが、武器になります。
チルチル・ミチルの「青い鳥」ですよ。

じゃ、どうやって、足元に落ちてるかもしれない武器を見つけるの?っていうのは、いくつかワークをやったり、他人に教えてもらうといいですよ。
自分よりも、他人のほうが、より明確に見えてるので。

でも、妙に、肩肘張って、意固地になっちゃってるひとが多いですね。
「ひとりでできるもん!」に、こだわり続けるの、やめたほうがいいですよ。

人は、多くの場合、他人という鏡をとおして、自分を知ることができるので、できるだけ、多くのタイプの人間に会ったほうが、
自分って、こういう感じのひとなんだ。とか、他の人よりも、こういうところが優れてるんだな、とか理解することができるんです。

他人との比較によって、自分の立ち位置がわかるんです。

なので、自分の武器を知りたいのなら、できるだけ、ひとと会いましょう。対話してみましょう、ってこと。

行き詰ってるひとは、ぜひ、参考にしてください。

琉海でした。

追伸>

急なお知らせ?なんですが、前々からちょこっと告知していた、大阪無料セミナーは、9月28日(月)の昼間時間帯に行います。

【対象】
すでに、売りたい商品・サービスのある方
(自社、他社どちらでもOK)

※売り物がまだない、決めていない。または、自分の名前の知名度だけ上げたい方は、ご遠慮ください
※ぜひともアフィリしたい商品があるのなら、OKです

【内容】
情報発信(JH)ビジネスの基礎~売れるビジネスブログの作り方~

1.ブログサービスはどこがいい?
2.プロフィールはどこまで書けばいいのか
3.ブログタイトルは?カテゴリ名称のつけ方は?タグってなぁに?
4.記事タイトルのつけかた
5.記事の書き方、1記事あたりの文字量について
6.記事にはりつける画像のこと
7.記事内に必要な「仕込み」について
8.売れるデザインと売れるブログレイアウト

初心者がつまづきそうなところを重点的にお伝えします。

詳細&お申し込みはこちらから!
http://productlaunch.jp/muryo/20150928.html

追伸2>
Bridgeプロジェクト ※2015/9/27マデ
http://bridge-pro.biz/click/kinjo/

興味ございましたら、ぜひ。登録後すぐのスカイプが好評です(^^

サクッと稼ぐために、あらゆるサポートをする!のが目的で、なぜそんなことをするか?っていうと、
稼いでいるひとの集団(Bridgeクラブ)が作りたいんですよ~

やっぱ、稼いでいるひとはそれぞれにストーリーがあって、面白い人ぞろいなので。

人生、楽しまなくちゃね☆

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コンたま編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ファンには2種類いる

  • お商売のセンス

  • アホなアフィリエイターが嫌いだ

  • 次世代型のコンテンツの作り方

関連記事

  • 書くのが苦手!と思ってしまう本当の理由

  • 【再連絡】和佐x木坂ラジオの書き起こしPDF(&音声)できました

  • 手のひらで水をすくうように

  • お金がないんです・・・のご相談

  • もったいないひと

  • これが、世界標準なんじゃ?