1. TOP
  2. メルマガ読者が増えない理由

メルマガ読者が増えない理由

琉海です。

先日から、元クライアントのひとがカムバックしてきて、メルマガ読者増と、ブログのテコいれをオーダーされました。

※リピートされるお仕事って、いいね!

自分が何者で、どんな困りごとを解決できるのか?

どんなひとも、まずは、情報発信をしてほしい話を、前々からこのメールでもお伝えしているのですが、
お手軽さを理由に、twitterにちょこっとつぶやいたり、facebookを書き込んだりしているひとが、たくさん、います。

それらは、フローメディア。
投稿がタイムラインを流れて(フローして)いくのが特徴です。

逆の、ストックメディア・・・貯める性質があるのがブログ。

何をするにしても、情報発信(JH)の母艦をブログにするのは必至!なのですが、
そのブログにも、リストを集めやすくするコツがあるのですね。

10月に、クローズドな講座で、アメブロに関してのミニセミナーをやることになりまして。

リスト取り=メルマガ読者を増やす ためのブログ作りについてなのですが、その中から、一番大事なことだけ、ちょこっとご紹介しますね。

PCで見たとき、タブレットで見たとき、スマホで見たとき、メルマガオプトのフォームが目に入っているか?

サイドバーと呼ばれるところに、すぐに登録できるように、メルマガフォームが貼り付けてあれば、及第点。

ところが、アメブロはフォームの貼り込みができない(ことが多い)ので、リンクで登録フォームへ飛ばすカタチになります。

この、登録フォームへのリンクを目立たせないと、まず、目に入りませんね。

自分の目では、自分のブログデザインに慣れているので「それ」をリンクだとわかるのですが、他の人の目でみると、気づかれない配色になっていることはよくあります

バナー画像を用意したりして、メルマガもやっていることを伝えるのも重要です。

でもね。メルマガやってます。って告知するだけじゃ、なかなか登録率はあがりません。

(あっそ、ふ~ん)で、終わりで、ブログへの再訪問もないのです。

なので、デザインで目立たせるだけじゃなくて「お!」と思ってもらえるプレゼントをしたりとか、メルマガ登録するメリットをきちんと伝えることも大事です。

そして。一番大事なのは・・・

記事内でも、「メルマガやってます」と、ちゃんと書いておくこと。

そして、登録フォームへのリンクも貼っておく。

最近は、本当に、スマホ閲覧が増えているので、本文中に書いていないと、目に入らないんですよ。

いつも、PCからブログ記事を投稿しているひとは、たまには、自分のスマホからも見てみてくださいね。

逆に、いつもスマホで書いているひとは、たまにはPCで見てみてください。
記事本文がスカスカで、びっくりすると思います。

メルマガ読者を増やしたい!ひとが、ハマってる2つのポイント

 1.そもそも「メルマガ登録したい!」って、思ってもらえてない

 2.メルマガがあることを、そもそも知られていない

この2点を意識して、「じゃぁ、自分は、どうするか?」ですよ。

超!一流の人は、自分から情報発信しなくても、周りの人が勝手に情報発信してくれるのですが、
99%の凡人は、自分で、脳みそに汗をかきながら、情報発信するしかないのですw

自分なりに、こうしたらいいんじゃないか?とか考えながらブログを設計し、訪問者を待ち構えるようにしてくださいね。

そのあと、アクセスアップとか、どう誘導すればより効率的なのか?を考えるステージに入ります。

オプト登録率がザルなのに、いくらアクセス数を増やしたところで、リストは増えません。

すでに情報発信をはじめておられる方は、ぜひ、ブログの見直しを。

琉海でした。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コンたま編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 売るプレゼンの特典ページ

  • かつぐ神輿を間違うな

  • アメブロで売上を加速する唯一の方法

  • facebookで「もっと見る」にならない文字数は?

関連記事

  • 人は、一度は叩かれる

  • 天才とは・・・

  • 書くのが苦手!と思ってしまう本当の理由

  • キャッシュインが早いものを選ぶこと

  • プロダクトローンチに対する誤解について

  • 伝えたいことと、デザインのずれ