1. TOP
  2. アメブロが商用利用に向かない理由

アメブロが商用利用に向かない理由

未分類
  718 Views

アメーバブログは、現状、日本一のブログサービスであり、多くのひとが集っている場所であることには、かわりありません。

ビジネス目的のブログをはじめようとする多くの場合、手始めにアメブロを使うと、間違いがないです。

そもそもの集客力が(他のブログサービスと比べて)ありますし、それだけに、多様な興味を持つひとたちが多くいますので、あなたのビジネスターゲットとマッチングしやすいのです。

ですが、集客の問題を、なんでもかんでも、アメーバブログが解決してくれるわけではありません。(あなたの顧客層がニッチすぎる場合など)

まず、アメブロは商用利用が禁止されています。
利用規約をよく読んでいなかったりして、気づいていない&知らないひとが多いですが、とても、とても!大事なことです(爆

このため、「スタッフブログとしての位置づけ&範囲内」であれば、商用のニオイを出しても大丈夫なのですが、これを逸脱すると、事務局から改善を依頼するメールがきたり、急にブログが削除されたりします。

わたしが今のところ、把握している事例としては・・・

 1、価格表示していたら、警告メール(改善要求)がきた
 2、姓・名・メールアドレスのフォームを設置したら、削除するよう警告がきた(まぐまぐの登録フォームなど、メールアドレスだけなら容認)
 3、一方的にブログが削除された

多くの人は、知らないかも知れないのですが、楽天ブログ(旧楽天市場)では、そりゃもう、ざっくざくとブログが削除されましたし、商用利用に寛容なライブドアブログやSeeSaaブログでも、事前の警告ナシにブログが削除されることは多くありました。

(ライブドアブログおよびシーサーブログで削除された経験は、私にもあります)

なので、「無料ブログは制限が多い」ことというのは、2004年あたりから、ずーっとビジネスブロガーを悩ませてきた問題なのです。

これは、現状のアメブロでも同じです。
商用利用が認められているライブドアブログやSeeSaaブログでも、削除されたというのに、商用利用を(原則)禁止しているアメブロで、同じようなことをすれば、削除という結末が待っていることは目に見えています。

「でも、あのブログだって、やってるよ?」とお思いかもしれませんが、アメーバ運営事務局に誰かが告げ口したら、もう、おしまいですよ。
ただ、ユーザが多いから事務局が気づいていないだけで、知れば、それなりの対策をしてくるものです。

アメブロの集客力をアテにすること、そして、商用利用を禁止されているところであれこれとビジネス活動をするのには、やはり、トレードオフの関係が成立するのです。

無料でブログシステムを使いたいなら、第三者の広告をあなたのブログに表示させることが必須であるのと同じこと。

ある程度、集客の見込みが立ってきたのなら、商用利用がOKのサブブログ(サブ・ホームページ)を用意するようにしましょう。

「ブログを削除されるリスクがある」と知っていてあらかじめ対策しておくのと、困ったことになったときにあわてて対処するのとでは、やはり、最終的な成果が変わってきます。

ある程度、集客がうまくいってくると、ねたみそねみも買うもの。
中には、「アメーバ事務局へ告げ口」するひとも出てくるでしょう。

そうなったときに、備えがあるのと、ないのとでは、随分と、対応も変わってくるのです。

一手、二手先を読んで、備えておくことは、ビジネスマンとして当然のことです。

ブログで価格表示をしているひと、そして、申し込みのフォームなどを設置しているひとは、必ず、対策してください。

対処法など、具体的にどんな風にしたらいいのか?事例を知りたい方は、まずは、ご相談ください。
簡易診断は無料です。

ご相談(無料)は【コチラのフォーム】にご記入ください

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コンたま編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ファンには2種類いる

  • お商売のセンス

  • アホなアフィリエイターが嫌いだ

  • 次世代型のコンテンツの作り方

関連記事

  • 毒舌キャラ

  • ブログを使った集客の盲点 ~あなたはワナにはまりこんでいませんか?~

  • メディアライター募集のお知らせ

  • なぜ、アメブロなのか?

  • Youtubeリストビルディングシステム

  • アメブロでの「儲かりポイント」