1. TOP
  2. facebook投稿をもっと!見てもらうためのテクニック

facebook投稿をもっと!見てもらうためのテクニック

フェイスブック
  220 Views

facebbookをビジネス利用しているとき、少しでも、あなたの投稿がFB友達の目に触れる機会を増やしたいときに有効なテクニックです。

まず、facebookタイムラインに出てきやすい(リーチが増える)投稿の特徴として

  1. 写真つき。※画像を説明する文章もつける
  2. 投稿内にURLがない

この2つが挙げられます。

これね、ご自身の投稿を見てみて、内容がほとんど同じなのに、いいね!の数が顕著に違うことで、理解できます。
なので、上記2点は「リーチを増やすための傾向と対策」として、まことしやかに言われています。そして、わたしも自分の投稿で見てみてるのですが、やはり、その傾向があります。

タイムラインに出やすい投稿のポイント

画像をつける

画像だけでは意味が分からないことが多いので、解説テキストも短くつけます。
日頃からスマホで写真を撮りためておくことや、画像に文字入れするのもいいですね。

投稿内にURLが含まれないこと

メインの投稿にURLが含まれていると、タイムラインには表示されづらくなります。なぜなら、facebookはfacebook内で交流してもらい、滞在時間を長くしてもらうことで、広告で儲けるビジネスモデルだからです。
なので、facebookから外へ出るURL(リンク)の掲載は、あまり好んでいません。

このため、FBの仕様をわかっているひとは、投稿の一番目に、URLを掲載することが多いです。
LINE@の友達追加URLやメルマガ登録フォームのURLですね。

これはfacebookの利用規約で、個人タイムラインでの宣伝投稿が禁止されているため、コメント欄ならグレーゾーンだから、という意味合いもあります。

ブログのリンクは?

ブログ記事のURLをコメント欄に貼っても・・・イマイチです。なぜかというと、投稿読んで、リンクURLをクリックして外に出てしまうと、投稿そのものに「いいね!」がしづらいのですね。

これはわたしがFB友達から指摘されたことでもあります。

「最近、FBにいいね!してくれへんし・・・」って言ったら、「ブログ記事読むためにFB出たら元の投稿に戻りづらいから「いいね」でけへん」とのこと。これは、確かに!って思った。

ここらへんは、また別記事で言及します。

投稿時間の調整

朝8時、あとは夕方くらいにもピークがあります。

なので、ですね。
掲載しているURLがどの時間帯にクリックされやすいのか?を計測して、狙って投稿するとよいでしょう。

タイムラインに再浮上する裏技

以前の記事にも書きましたが、FBタイムラインの投稿は賞味期限が24時間です。何度も投稿するのは、暇人に見えてしまうので・・・そこで、このテクニックを授けますね。

姑息な手段ではあるのですが、投稿を編集すると、リフレッシュされて、再度、タイムラインに出てきやすくなります。

いいね!やコメントがつきづらくなったな・・・と思ったら、ちょっと投稿を編集しておくとよいでしょう。

告知記事をあまりに上にあげても、逆ブランディングになりますので、ほどほどに。

まとめ

  • テキスト&写真で投稿する
  • URL誘導したい場合は、コメント1番目に書く。※投稿内で、コメント欄見てねと誘導文をいれておく
  • 投稿の賞味期限が切れてきたら、編集してリフレッシュ

単に、FB友達と交流のためにだけ使っているのであれば、上記のテクニックは必要ないのですが、ビジネス利用とあれば、そうもいってられません。
きちんと、成果につながる形で有効活用しましょう。

この本をお持ちの方は、再読を。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

コンたまの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コンたまの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

コンたま編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 藤井四段からの挑戦

  • Hello world!

  • ヤル気が出ないときの対処法

  • 「稼ぎたいんです!」

関連記事

  • fbアイキャッチ画像を作る

  • facebookで「いいね!」をもらいやすい投稿の書き方